信頼している上司からのLINEに、“そういうお誘い”な印象を受けたことはありますか? 上司と言えども男性ですから「あわよくば……」の気持ちがわくのでしょうが……それでも「仕事をなんだと思ってるんだ!」「はしたないっ!」ですよね。今回は、上司から届いた“きわどいLINE”の選りすぐり3選をお届けしましょう。

1:仕事が終わった後に仕事の話をしたがる

勤務時間中に届く、上司からのLINE。

画面を開いてみると「今日の夜は空いてる? 近くの店で一杯飲みながら、仕事の話をしよう」と書いてあったら、どんな気持ちになりますか?

「仕事の話がしたいなら、勤務時間中にしてよねっ」と思うのが、冷静な感想ですよね。

けれど「あわよくば」を狙っている上司ほど、こんな風に“仕事”にかこつけて呼び出そうとするからタチが悪いのです。

ただふたりでお酒を飲みたいだけの上司に、文字どおりに受け止めて「わかりました」なんて返信しちゃったら、オオカミの思うツボかも……。

2:休日出勤に誘う

「今週の土曜日だけど、出勤できるか?」と上司からLINEが来れば、「めんどくさ〜」と思いつつも「わかりました。行きます」なんて返してしまいがちではありませんか?

けれど、これも「あわよくば」を狙っている上司が、ウマい具合に“仕事”にかこつけて呼び出しているだけかも……ッ! しかも「俺も出るから」なんて白々しい!

オオカミな上司にしてみれば、休日に会社に呼び出すのは、ふたりきりで会える絶好のチャンス。

しかも“仕事”という口実をくっつけると、上司という立場を利用してLINEしやすいという思惑も見え隠れしますね。

「評価を上げてもらいたいし、嫌々だけど行くしかないよね……」なんて従順な返信をしてしまうと、オオカミ上司の思うツボかも……。

【復縁特集】元カレを忘れられない……より戻す!?

3:夫婦仲が悪いと相談してくる

「俺さ、実はカミさんとうまくいってないんだよね〜」と前置きをしながら、「夫婦って難しいよな?」とか「結婚ってなんなんだろうな」などの人生相談を送りつけてくる上司。

心優しい女子ほど「大変! 励ましてあげなくちゃ」とマジメに返信しちゃうものですが、コレもオオカミ上司のトラップということが。

この手のLINEを部下に送りつけるなんて普通の感覚じゃないですし、“押したらイケる女”なのかを探りたくて送りつけているというホンネが垣間見えます。

「大変ですね」「頑張ってください」くらいしか返信のしようがありませんが、オオカミ上司としては自分への同情を引きつつ「あわよくば……」を狙っているだけかも。

ちなみに、この手のオオカミな上司からのきわどいLINEは、敬語だけでなく“ややタメ語口調”が混ざっていることも多いのも特徴です。

“上司と部下”という関係性を悪用するかのようにきわどいLINEを送りつけてくるなんて、ズルいですよね。

こんなLINEが届いたら“そういうお誘い”なのかもしれませんよ!