男子テニス、国別対抗戦デビスカップ、ワールドグループ・プレーオフ。日本対ブラジル。日本代表メンバーに選出された(左から)内山靖崇、杉田祐一、添田豪(2017年9月6日作成)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】日本テニス協会(Japan Tennis Association、JTA)は5日、国別対抗戦デビスカップ(Davis Cup 2017)ワールドグループ・プレーオフのブラジル戦へ向けた代表メンバーを発表し、ニュージーランドから国籍変更したマクラクラン・ベン(Ben McLachlan)が初選出された。

 9月15日に大阪で開幕する一戦では、ダブルスを得意とする25歳のマクラクランのほか、杉田祐一(Yuichi Sugita)、添田豪(Go Soeda)、内山靖崇(Yasutaka Uchiyama)が名を連ねた。

 世界ランキング10位の錦織圭(Kei Nishikori)は、手首のけがですでに今季終了を表明しているため、ブラジル戦には出場しない。

 JTAによると、日本人の母を持ち、ダブルスの世界ランクでは最高で130位を記録したことがあるマクラクランは、今年初めに日本国籍を取得したという。
【翻訳編集】AFPBB News