豪州監督に解任論浮上も連盟側は支持表明 「プレーオフでの成功に集中している」

写真拡大

W杯自動出場権を逃し、ポステコグルー監督に逆風が吹き荒れる

 オーストラリア代表はロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループBで3位に終わった。

 本大会出場のためにはグループA3位のシリアとのプレーオフを制し、さらにその後の北中米カリブ予選4位チームとのプレーオフも勝ち抜かなければならない状況だ。チームを率いるアンジェ・ポステコグルー監督への風当たりも強くなっているが、オーストラリアサッカー連盟(FFA)のデイビッド・ギャロップCEOは指揮官への信頼を明かしている。「デイリー・テレグラフ」紙のオーストラリア版が報じた。

 グループBでは日本と並ぶ予選突破の大本命と見られていたオーストラリアだが、8月31日の敵地日本戦に敗れて2位浮上のチャンスを逃すと、現地時間5日のタイ戦ではシュート45本を放ちながらも2-1と辛勝。あと2点を取っていればサウジアラビアを逆転できたが、決定力不足により大きな代償を支払う結果となった。

 記事によれば代表OBのロビー・スレイター氏はこの結果に失望し、プレーオフ前にポステコグルー監督を解任すべきと主張しているという。また、同じく元オーストラリア代表GKマーク・ボスニッチ氏も、指揮官は「危機一髪」の状況だと語り、チーム戦術の抜本的な変革が必要だとしている。

 監督への逆風が吹き荒れるなか、FFAのギャロップCEOは「ゴールに迫るシーンが多く、フラストレーションの溜まる失望の夜だった。しかし、我々はプレーオフでの成功に集中しているし、アンジェとスタッフたちは我々の完全なるサポートを受ける」と語り、ポステコグルー監督の続投を支持した。

「信念が重要な試合で役に立つはずだ」

「アンジェはグリーン・アンド・ゴールド(オーストラリア代表チーム)が成功することの重要性を理解している。彼はオーストラリア人で、オーストラリアサッカーの歴史と深い関わりがある人物だ。我々が彼を選んだのは、サッカルーズで成功を収めるという信念が重要な試合で役に立つと思ったからだ」

 W杯自動出場権を逃す失意を味わったものの、ポステコグルー監督に全幅の信頼を寄せていると表明したFFA。批判が噴出するなかで過酷なプレーオフを勝ち抜き、4大会連続となる本大会行きのチケットをつかむことができるのか。現アジア王者の底力が試されている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images