韓国はウズベキスタンと引き分け辛くもロシアW杯出場権を獲得した【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

なんとか9大会連続のW杯本大会出場を決めるも…

 9月5日(現地時間)、韓国代表は2018年ロシアW杯アジア最終予選最終戦、ウズベキスタンとのアウェイゲームに臨んだ。韓国は勝利すれば自力で本大会出場を決められる状況にあったが、結果は0-0とスコアレスドロー。同時刻に行われていた試合でシリアが引き分けたため、辛くもW杯出場権を獲得した。最悪の事態こそ免れたものの、問題は山積みの状況にある。(文:キム・ドンヒョン)

----------

 奇跡というよりは喜劇だった。だが、だれも笑うことはできなかった。

 韓国は5日(現地時間)、ウズベキスタン・タシケントで行われた2018FIFAワールドカップ・アジア最終予選最終戦、ウズベキスタンとの大一番を0-0と引き分けた。韓国は引き分けの場合、シリアが引き分け以下となるとW杯進出が決まる状況であったが、シリアがイランに2-2と引き分けたため、試合終了から3分後、ワールドカップ本大会出場が決まった。

 この試合にかける韓国の思いは本当に強かった。5日の午後、ウズベキスタンにいる韓国人ジャーナリストたちからインスタントメッセンジャーで連絡が続々とあった。「スタジアムのインターネット状況がどうしようもないから写真を韓国でどうにかしてくれ」とのことだった。

 3万4千人の観客が入ることができるスタジアム。しかしまだ通信技術が導入されておらず、スピードを命とするジャーナリストたちにはそれこそ困難な状況だった。試合の時間が近づくほどテキストメッセージの送信に要する時間も長くなり、結局キックオフ時には完全に途切れてしまったが、速報を届けようとしていた韓国メディアが昨日の試合に注いでいた関心は並大抵のものではなかった。

 試合のほうは決して満面の笑みを浮かべられる出来ではなかった。最悪の形ではなかったことにとりあえず安堵としたというのが正解であろう。

 たしかに1986年メキシコ大会から始まったワールドカップ本大会連続出場記録は9に伸ばすことができた。とはいえ、先ほども述べたように、試合内容に関しては決して満足のいく試合ではなかった。

攻撃的3トップも連動性見られず

 この日、シン・テヨン監督は4-1-2-3の攻撃的なフォーメーションを選択。4バックの前にチャン・ヒョンス(FC東京)を守備的MFとして起用する変則的な戦術をとってきた。チャン・ヒョンスが守備的MFに対応できる選手であるのは間違いないが、攻撃力の面で劣る部分があったため、これまでの韓国代表で彼がそのポジションに立つことはほぼなかった。

 本来ならそのポジションはキ・ソンヨン(スウォンジー)のものだった。しかしキ・ソンヨンは膝の手術から復帰したばかり。コンディションが万全ではなかった。無理をして彼を起用するにはリスクもあった。攻撃力が下がるのは必然だった。

 シン監督はこの攻撃力を補うため、韓国はソン・フンミン(トッテナム)やファン・ヒチャン(ザルツブルク)、そして日本でもよく知られているイ・グノ(江原FC)の3トップを採用。とにかく前でスペースを作り、ゴールを狙う作戦で挑んだ。サイドバックには元鳥栖のキャプテン、キム・ミヌ(水原三星)とコ・ヨハン(FCソウル)、攻撃的な選手を起用した。

 しかし思い通りにはいかなかった。3トップは3人とも力を振り絞っているものの連動性が感じられず。ミッドフィルダーからのサポートはあまりにも少ない。攻撃的MFとして起用されたクォン・チャンフン(ディジョンFCO)も、なかなか影響力を行使することができなかった。

 後半になってようやく流れが変わる。クォン・チャンフンが下がり、35歳のヨム・ギフン(水原三星)が入るや否やいきなり試合のテンポが変わった。後ろからの縦パスや持ち前の左足を思う存分に生かしたクロスで何度もチャンスを作る。

 この試合で最も惜しい場面でもあったイ・ドングクのヘッドはヨム・ギフンとのコンビネーションから生まれた。あえて言えば、なぜ彼を先発メンバーに入れなかったのか、という疑問や不満が生まれるほど彼は別次元だった。

最低限のノルマを達成したにすぎない

 守備でも課題が山積みだった。イラン戦に続きキム・ヨングォン(広州)は不安定。イラン戦がAマッチデビュー戦だった20歳の新鋭キム・ミンジェ(全北現代)のほうが目立っていた。

 キム・ミンジェは20歳とは思えないほどの果敢なプレーで何度も韓国を危機から救った。190cm、88kgという体躯にスピードまで備えたDFは、Kリーグでこそ異彩を放ってはいたが、代表レベルでは実力に疑いをもたれていた部分もあった。だがイランとウズベキスタンの選手たちと堂々と渡り合っており、彼が国際舞台でも通用するということは確信へと変わっていく。韓国にとってはこの2連戦で唯一の収穫かもしれない。

 試合後、シン・テヨン監督は「引き分けには不満だが、とりあえずW杯進出を決めたことには満足している」と語った。7月4日、いきなり監督を任された彼にとってW杯進出はある種のミッションだった。それを成し遂げたということからこぼれた一言だろう。

 だが、これで満足してはいけない。最低限のノルマは達成したが、選手の組み合わせ、そして戦い方に関してはより深い反省が必要となる。最悪の危機は逃れた韓国サッカー界が、今日の試合をどう受け止めて、来年のワールドカップに向けてどう備えるか。それがこれからの新しいミッションなのかもしれない。

(文:キム・ドンヒョン)

text by キム・ドンヒョン