弟が生まれた瞬間に頼もしいお兄ちゃんへと成長した男の子の姿が話題になっている。

アザラシ肢症の男の子

米テキサス州で暮らす3歳のカムデンくんは、7月2日にお兄ちゃんになったばかりの男の子だ。アザラシ肢症という先天性疾患のため、手足が短い。

それ以外はごくごく普通の男の子だ。

▼お出かけが大好きで

▼食いしん坊

▼「写真を撮るから笑って」と言われるのがちょっと苦手

彼がずっと心待ちにしていたのが、弟の誕生だ。

小さな命の誕生は、カムデンくんをさらに成長させたようだ。

弟の面倒を見るカムデンくん

そんなカムデンくんが見せたお兄ちゃんらしい瞬間が、Instagramで話題になっている。

それがこちらだ。

ぐずりだした弟のジャクストンくんの口に、おしゃぶりを運び込むカムデンくん。するとあっというまにジャクストンくんは泣き止んでしまった。

1週間もたたないうちに6万回再生

母であるケイティさんは8月30日、「カムデンには手がないかもしれないけど、そんなことで弟の世話を焼くのを止めたりしないわ」とのコメントともに、この動画をInstagram上で公開した。

すると6日間で6万回以上再生され、1万4000件を超えるいいね!が付いた。「すばらしい」「お兄ちゃんの純粋な愛ね」「なんてかわいいんだ!」などのコメントも1500件以上寄せられている。

今後もジャクストンくんにとって、頼もしいお兄ちゃんでいてくれそうだ。