<Apple Music Festival>、終了

写真拡大

Music Business Worldwideによると、Appleは2007年から毎年、英国ロンドンで開催してきた<Apple Music Festival(旧iTunes Festival)>を終了したと認めたそうだ。

◆関連画像

同フェスティバルは2007年、<iTunes Festival>としてロンドンの小規模な会場Institute Of Contemporary Artsで、当選したわずか400人未満の音楽ファンを前に、ひと月の間毎日日替わりでエイミー・ワインハウス、Mika、トラヴィス、ステレオフォニックス、エディターズ、ザ・コーラルらがプレイするという画期的なイベントとしてスタートした。

翌年はKOKO(1,400人収容)、2009年からはラウンドハウス(1,700人収容)に会場を移し、ブレイクしたばかりの新人アーティストから大物までのライブが、一ヶ月ほぼ毎日行われ、その様子が世界に向けライブ・ストリーミングされた。

2014年には米オースティンでも開かれ、拡大するのではと期待されたが、名称を<Apple Music Festival>に変更した2015年からは、30公演近くあったものが10公演にスケール・ダウンしていた。

ユニークなイベントであると同時に、ロンドン市内で開かれるサマー・フェスティバルの1つとして定着もしていたため、終了は惜しまれる。Appleはその理由を説明していないが、今後も別の形でオリジナルのライブ・イベントの開催や配信などを続けていくものと見られている。

Ako Suzuki