南米予選は未曾有の大混戦! 勝ち点差「7」に7チーム、アルゼンチンもW杯出場“崖っぷち”

写真拡大 (全2枚)

前節4位のチリが敵地でボリビアに0-1で敗れ、2〜5位争いの混戦に拍車

 アルゼンチンやチリといった実力国のもたつきによって、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選が未曽有の大混戦となっている。

 現地時間5日に行われた各試合の結果を受けて、残り2試合で2位ウルグアイから8位エクアドルまでの勝ち点差が「7」と拮抗。4位までに与えられるW杯自動出場権と、5位の大陸間プレーオフ行きを巡る争いは混沌としている。

 今節で混戦の端緒となったのは、ボリビア対チリだ。コンフェデレーションズカップ準優勝のチリだが、標高3000メートルを超える高地ラパスで苦しみ、後半14分にPKで先制を許す。チリはFWアレクシス・サンチェス、MFアルトゥーロ・ビダルらワールドクラスのメンバーを起用しながらも最後までゴールをこじ開けられず、勝ち点を落として前節4位から出場圏外の6位へと転落した。

 チリが苦しむ一方、6位から4位に浮上したのがペルーだ。敵地エクアドル戦で後半28分、31分と立て続けにゴールを奪い2点をリード。その直後にDFギレルモ・ラモスがペナルティーエリア内でファウルを犯し2枚目のイエローカードで退場、PKを決められて1点差に詰め寄られたが逃げ切りに成功した。

 前節終了時点で2位のコロンビアは、ホームにブラジルを迎え撃った。前半終了間際にFWネイマールのテクニカルな落としから、MFウィリアンに先制点を許す苦しい展開となったが、後半11分に右サイドのクロスに対してベテランFWラダメル・ファルカオがヘディングシュートを叩き込み同点に追いついた。その後はMFハメス・ロドリゲスのポスト直撃FKなどもあったが勝ち越せず。3位に転落したとはいえ、“1強”状態のセレソン相手のドローは大きな意味を持ちそうだ。

アルゼンチン不覚、半歩抜け出たウルグアイ

 コロンビアとは対照的に、ホームで限りなく敗戦に近い1-1ドローに終わったのがアルゼンチンだ。後半5分にベネズエラに先制を許すまさかの展開に。3分後にはオウンゴールで1-1の同点に追いついたが、エースFWリオネル・メッシが密着マークをはがせず、チーム全体の攻撃も連動しないまま、最下位相手に勝ち点3を奪えなかった。

 大混戦から半歩抜け出した感があるのはウルグアイだ。パラグアイとのアウェーマッチでは守勢に回ったものの、後半31分にこの日A代表デビュー戦だったMFフェデリコ・バルベルデのミドルシュートがゴール右隅に突き刺さり、値千金のゴールを奪った。その5分後にはエースFWルイス・スアレスの突破からのシュートが相手のオウンゴールを誘発し、試合を決定づけた。その後パラグアイに1点を返されたものの、アウェーで貴重な勝ち点3をゲット。この時点で勝ち点27とし、コロンビアをかわして2位に浮上。4位ペルー、5位アルゼンチンとの勝ち点差を3とした。

 残り2試合の時点で出場権を獲得したのは、いまだ首位ブラジルだけ。4位以上に与えられるW杯自動出場権とプレーオフに回る5位の座を巡る争いは緊迫の度合いを増している。次節では崖っぷちのアルゼンチンが、勝ち点で並ぶペルーをホームに迎えて「4・5位直接対決」に挑むなど、10月のラスト2試合の行方からは目が離せそうにない。

[今後の対戦日程]

■第17節(10月5日開催)
アルゼンチン vs ペルー
ボリビア vs ブラジル
チリ vs エクアドル
ベネズエラ vs ウルグアイ
コロンビア vs パラグアイ

■第18節(10月10日開催)
ブラジル vs チリ
エクアドル vs アルゼンチン
ペルー vs コロンビア
ウルグアイ vs ボリビア
パラグアイ vs ベネズエラ

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images