「なんか、痛々しい…」周りがドン引きする「若作りメイク」4つ

写真拡大

せっかく張り切ってメイクをしたのに、周囲から「あの人、痛々しい!」って思われてしまったら残念すぎます。

【GU】上下5000円以内で揃う! 所帯じみない「垢抜けコーデ」3選

メイクアップは“足し算”と“引き算”をパーツごとに組み合わせてこそ、美しく仕上がるもの。

オトナの女性があまりにインパクトを出しすぎると「キレイ!」よりも「若作り?痛々しい!」という辛辣な感想を抱かれてしまうこともあるので、気をつけて!

では、周りの人をビックリさせやすいメイクアップとは…?

時短美容家の筆者、並木まきが「それ…、痛々しくない?」と周りを驚かせてしまいやすいパーツメイクの特徴を4つご紹介します。

1:ベッタリと幅のある濃いめアイシャドウ

濃いめに塗ったアイシャドウは、目元をはっきりと際立たせインパクトのある目に仕上げてくれるものの…。

あまりにもベッタリと塗られているアイシャドウは、まるでホラーメイクのような痛々しさを醸し出してしまううえに、“若作り”を狙いすぎているように見えやすいのです。

まぶたの幅を超えて幅広に塗られていて、さらにグラデーションもなくノッペリとした単色塗りの濃いアイシャドウがとくに危険。

年齢不相応に“がんばっている”感じにも見えてしまい、周りに痛々しさを感じさせやすいのです。

アイシャドウは適度かつグラデーションで使うと“若作り感”が出ずに、目元を美しく見せてくれます。

2:形は整っているけれど、色が濃く眉尻が上がっている眉毛

眉は、顔全体の印象を左右するほど重要なパーツとも言われています。

けれど形はキレイに整っていても、かなり濃い色で、さらに眉尻がピーンと上がっている眉毛は「ちょっと……痛々しくない!?」と周りに感じさせやすいので気をつけて!

眉の印象から強気な表情にも見えやすく「気合いを入れてメイクしてます!」感が出てしまう点に加え、過剰に上がっている眉尻が無用な“若作り感”を演出してしまう傾向にあります。

カマキリの触覚のような眉が流行った時代もなくはありませんでしたが、だからこそオトナの“濃いめの色×眉尻が上がっている”メイクは、必要以上の“若作り感”を醸し出してしまうのです。

3:まるで酔っ払いのようなピンクレッド系チーク

数年前に爆発的に血色チークが流行りましたが、今は酔っ払いのようなチークを入れてしまっていると、やや痛々しさが醸し出される時代になりました。

過去に大ブームがあった背景もあって、今もオトナ女性がピンクレッドが強い酔っ払いチークを入れていると、こちらも若作り感が出てしまうので要注意!

周りからは「痛々しい……」という印象になりやすく危険なメイクになりうるのです。

どぎつい酔っ払いチークよりも、ほんのり血色がかった色みやマットな質感がオトナっぽい演出になりますので、チークで痛々しさを出したくない人はぜひ意識してみてください。

4:歌舞伎役者のように太いアイライン

太めのアイラインは、目元をパッチリと際立たせてくれるので便利なメイク。

けれどこちらも、あまりにも太すぎてしまえば一気に“痛々しさ”が出てしまうパーツメイクです。

「パッチリ目に見せたい」感が強く醸し出されてしまい、周りからは「痛々しすぎる……」と辛辣な感想を抱かれてしまいやすく、オトナにはデンジャラスなのです。

まだまだナチュラル系のメイクがトレンドですし、細めアイラインで控えめなインパクトを出すくらいのほうが、周囲から見ると実は「キレイ」な仕上がりだったりもするのです。

せっかく張り切ってメイクをしたのに「キレイ」ではなく「痛々しくない?」という評価になってしまっていたら、とっても残念。

オトナ女性のメイクは、エイジングを上手にフォローしながらほんのりインパクトを出していきましょう!