20〜30代のマーケ・広報・情シス女子ってこんな人!(マクロミル調べ)

写真拡大 (全7枚)

職種によって、行動や意識に差はあるのだろうか。マーケティング・広報・情報システムに従事する20〜30代の女性に実態を調査した。 “マーケ女子”、“広報女子”、“情シス女子”はそれぞれどういうタイプの人が多いのか、仕事とプライベートの線引き、人間関係、恋愛や結婚感などの特徴を比較した。

【1】仕事&プライベート編
“マーケ女子” “広報女子” “情シス女子”に、仕事とプライベートのどちらを優先しているのかたずねたところ、職種によって意識の差が見られた。プライベートを優先している割合は、 “広報女子”と“情シス女子”がそれぞれ74%、 72%と高く、 “マーケ女子”は56%で仕事を優先している人も半数ほどいるようだ。(※本文の数値は、「当てはまる」と「やや当てはまる」の合計、「あまり当てはまらない」「当てはまらない」の合計で記載)

【図】 仕事よりもプライベートを優先している
ベース:全体 / 合計n=204

【2】人間関係編
SNSでのコミュニケーション頻度、誰とでも仲良くなれるか、人間関係の広さと深さのタイプに関する質問から、3つの職種の特徴を比較した。 “広報女子”は約半数に当たる49%が「SNSでコミュニケーション」を取ることが多いと回答し、「誰とでも仲良くなれる」と回答した割合も59%と高く出ている。“マーケ女子”は、「SNSでコミュニケーション」を取ることが多いと回答した人が35%とやや少ないが、「誰とでも仲良くなれる」は“広報女子”と僅差の57%だった。また、人間関係が「広くて浅いか」の質問では、 “広報女子”の38%、 “マーケ女子”の41%が当てはまると回答、しかし“情シス女子”は22%で他の2つの職種に比べて低く、つまり“情シス女子”の78%が、人間関係は「狭くて深い」派であることが分かる。(※本文の数値は、「当てはまる」と「やや当てはまる」の合計、「あまり当てはまらない」「当てはまらない」の合計で記載)

【図】 人間関係は広くて浅い
ベース:全体 / 合計n=204


【図】 SNSでコミュニケーションを取ることが多い
ベース:全体 / 合計n=204


【図】 誰とでも仲良くなれるほうだ
ベース:全体 / 合計n=204


【3】結婚・恋愛編
結婚生活や恋愛がうまくいっているかたずねると、うまくいっているという回答が1番多かったのは情シス女子で59%だった。また、広報女子とマーケ女子は同率の43%となっている。(※本文の数値は、「当てはまる」と「やや当てはまる」の合計、「あまり当てはまらない」「当てはまらない」の合計で記載)

【図】 結婚生活や恋愛がうまくいっている
ベース:全体 / 合計n=204


■調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・DMM.make、2017年10月公開予定の新アニメ「アニメガタリズ」オリジナルスマホケースを販売開始
・SIEJA、PS4のカラバリコントローラーを発売
・PCやタブレットなどの持ち運びに便利な大容量バックパック
・声優・藤田茜と稲川英里がユーザーと一緒に肝試しを体験
・ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率54.0% 前月比2.3ポイント増