バルサ会長へ痛烈な仕返しをしたFWネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

 今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)移籍を果たしたブラジル代表FWネイマールが、バルセロナの会長であるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏への反撃を行った。

 バルトメウ会長は、先日スペイン紙『スポルト』紙のインタビューにて「我々はネイマールとその父(ネイマールの代理人)を信用しすぎるという過ちを犯した」と発言。それを引用したブラジルメディア『Esporte Interativo』の記事を見たネイマールは、自身のインスタラムのアカウントで、痛烈なコメントともに返答をしている。

 「この会長はふざけている」というメッセージに、笑い泣きの絵文字を4つ添えて送られた返答には、多くの人が反応を示しており、話題を呼んでいる。

 ネイマールは、今夏2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金でPSGへ移籍。移籍成立後も、報奨金支払い問題でもめるなど、同選手とバルトメウ会長の関係は悪化していく一方であった。

 さらに、現在バルトメウ会長ならびに強化部のスタッフは、補強面で失態を繰り返していることで、ファンからの顰蹙を買っている。このネイマールの発言は、その感情を煽るようなものとなるかもしれない。

text by 編集部