クミコ with 風街レビュー、横山剣が作曲&コーラスで参加した新曲のメイキング映像公開

写真拡大

 クミコ with 風街レビューが、9月27日に発売するアルバム『デラシネ déraciné』から、横山剣が作曲とコーラスで参加した「フローズン・ダイキリ」のメイキング映像を公開した。

(関連:作詞家・松本隆が日本の音楽に残してきた功績 『風街レジェンド2015』の意義を読み解く

 クミコ with 風街レビューは、作詞家の松本隆と気鋭のソングライターが生み出す“大人のラブソング”を歌手のクミコが歌うという、2016年からスタートしたプロジェクト。同アルバムは、クミコのデビュー35周年を記念したもので、同プロジェクトの集大成作品となる。17年ぶりに松本が全編にわたって作詞を手がけており、全曲の編曲を冨田恵一が担当している。

 映像は、松本隆×横山剣×クミコの3人によるアルバム収録曲「フローズン・ダイキリ」のレコーディングの模様を収めたもの。松本との初タッグや、クミコとのコラボレーションについても語っている。また、タイトルの『デラシネ déraciné』はフランス語で“根無し草”の意味を持つ言葉で、命名に関して松本は「僕もクミコもジャンルやキャリアにとらわれず、枠を飛び越えて自由にいろんな事にチャレンジしているところが、どっか根無し草のようなのだ」と説明。また、CDジャケットも松本の意向で漫画家の近藤ようこ氏によって制作された。

 なお、本作が11月3日のレコードの日にアナログレコードで発売されることも決定した。松本作品の新作がレコードとして発売されるのはこれが初めて。また、10月9日に東京・恵比寿 ザ・ガーデンホールにて『クミコ・ザ・ベストコンサート1982-2017』を開催する。アルバム収録曲「しゃくり泣き」作曲の村松崇継がスペシャルゲストとして登場し、クミコとの初コラボを予定している。(リアルサウンド編集部)