【米ビルボード・ソング・チャート】テイラー・スウィフト新曲が堂々の初登場No.1、「デスパシート」歴代記録更新ならず

写真拡大

 テイラー・スウィフトの新曲「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて」がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 通算16週の首位を死守し、先週、遂に歴代1位タイに浮上したルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」だが、単独首位となる17週目の記録更新は叶わず、テイラー・スウィフトにその座を明け渡す結果となった。

 「デスパシート」から首位の座を勝ち取ったテイラー・スウィフトの「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」は、2017年11月10日にリリースされる新作『レピュテーション』からの先行シングルとして8月25日にリリースされ、各国のiTunesチャートで1位を獲得。ラジオ・エアプレイも絶好調で、ヒット曲が流れる“TOP40”など、メイン・チャンネルでヘヴィプレイされている。

 さらに、ストリーミングでも数々の記録を塗り替えている。YouTubeでは、公開後24時間で2800万回の再生回数を記録し、2015年11月にリリースした、アデルの「ハロー」がもつ2770万再生回数を上回る、歴代最高記録を更新した。ストリーミング・サービスSpotifyでも、解禁日だけで800万再生回数を記録し、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」がもつ687万回を超える歴代最高に躍り出た。ちなみに、初週のダウンロード数も、その「シェイプ・オブ・ユー」が獲得した24万を上回る40万ダウンロード数を獲得して、2017年度最高の週間セールスを更新している。

 リリース同日に公開されたリリック・ビデオは、現在までに6200万回再生回数を記録し、発売2日後の27日に公開された話題のミュージック・ビデオも、10日経たずして2億回の視聴回数を突破する快挙を成し遂げている。これらの記録から、次週も「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」が首位を座をキープすることは間違いないだろう。また、「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」のリリース翌週には、アルバムからの先行曲「…レディ・フォー・イット?」が連続でリリースされている。ダウンロード数や視聴回数も好調のようで、この曲も次週上位デビューが予想される。

 今週初TOP10入りしたのは、9位の「1-800-273-8255」ロジックfeat.アレッシア・カーラ&カリードと10位の「ストリップ・ザット・ダウンfeat.クエヴォ」リアム・ペイン。前者は、現地時間8月27日に行われた【2017 MTV Video Music Awards】で同曲のパフォーマンスを披露したことによって、デジタル・セールスが急伸。この曲が収録されたアルバム『エヴリボディ』でアルバム・チャート1位を獲得したロジックにとって、ソング・チャートでは初のTOP10入りとなった。また、フィーチャリング・アーティストのカリードにとっても初のTOP10エントリー、アレッシア・カーラは4曲目のTOP10ヒットとなる。

 10位のリアム・ペインは、ハリー・スタイルズに続き、TOP10入りした3人目のワン・ダイレクションのメンバー(元メンバーのゼインも含む)となり、最低でも3人のメンバーがソロでTOP10ヒットを放ったザ・ビートルズ、フリートウッド・マック、ニュー・エディションとともに名を連ねることとなった。なお、クエヴォにとっては、ソロとして4曲目のTOP10入りとなっている。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、9月6日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ〜私にこんなマネ、させるなんて」テイラー・スウィフト
2位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
3位「ボダック・イエロー (Money Moves)」カルディ・B
4位「ワイルド・ソーツfeat.ブライソン・テイラー&リアーナ」DJキャレド
5位「アテンション」チャーリー・プース
6位「ビリーヴァー」イマジン・ドラゴンズ
7位「アンフォゲッタブル」フレンチ・モンタナfeat.スワエ・リー
8位「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」ショーン・メンデス
9位「1-800-273-8255」ロジックfeat.アレッシア・カーラ&カリード
10位「ストリップ・ザット・ダウンfeat.クエヴォ」リアム・ペイン