【米ビルボード・アルバム・チャート】リル・ウージー・ヴァートが強敵を下し見事1位に、QOTSA/5H/エイサップ・モブなど7作がTOP10初登場

写真拡大

 米フィラデルフィア出身のラッパー、リル・ウージー・ヴァートのデビュー・アルバム『Luv Is Rage 2』がNo.1デビューを飾った、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 今年1月、米ビルボード・ソング・チャートで通算3週間の首位を獲得した、ヒップホップ・トリオ=ミーゴズの「バッド・アンド・ブージー」のフィーチャリング・ゲストとして参加し、一気に知名度を上げた、リル・ウージー・ヴァート。その後、自身のシングル「XO Tour Llif3」も、同ソング・チャートで最高7位をマークし、本格的なブレイクを果たす。この絶好のタイミングでリリースされたこともあり、新人のデビュー作ながら週間ユニット数135,000を獲得し、2位以下と大きく差をつけて堂々のNo.1デビューを果たした。同時に、ラップ・チャートでも首位を獲得している。

 ただ、ポイントのほとんどはストリーミングによるもので、アルバムの実売(ダウンロード数)は28,000枚と、全体の1/4程度。ストリーミングがアルバム・チャートに反映されるようになってからは、セールスよりストリーミングの強いラッパーのアルバムが上位デビューを果たす傾向にある。

 2位にデビューしたXXXTentacion(エックスエックスエックステンタシオン)は、フロリダ州出身の若手ラッパー。本作『17』は実質上のデビュー・アルバムで、ラップ・チャートではリル・ウージー・ヴァートに敗れ2位だったが、R&Bチャートでは見事首位デビューを飾った。本作も、リル・ウージー・ヴァート同様、週間ユニット数87,000のうち、アルバム・セールスは18,000枚と、ポイントのほとんどがストリーミングによるものだった。

 続いて3位には、米カルフォルニア州出身のハードロック・バンド、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの新作『ヴィランズ』が初登場した。本作は、2013年6月にリリースされた前作『ライク・クロックワーク』(最高1位)から、およそ4年振り、通算7作目のスタジオ・アルバムで、2005年の4thアルバム『ララバイズ・トゥ・パラライズ』(最高5位)と『ライク・クロックワーク』に続く、通算3作目のTOP10入りとなる。また、オーストラリアでは2作連続のNo.1に、全英(UK)チャートでは自身初の首位に輝いた。上位2者とは対照的に、週間ユニット数73,000のうち、ストリーミングによるポイントはごく僅かだった。

 4位には、ガールズ・グループ、フィフス・ハーモニーの1年振り、通算3作目のスタジオ・アルバム『フィフス・ハーモニー』が、46,000ユニット数を獲得してデビュー。アルバムの実売は32,000枚で、ストリーミングによるポイントは14,000で、若干ストリーミングが伸び悩んだように思える。

 本作は、元メンバーのカミラ・カベロが脱退し、4人体制になってから初のアルバムで、2015年のデビュー作『リフレクション』(最高5位)、そして昨年リリースした『7/27』(最高4位)に続き、3作連続のTOP5入りを果たしている。アメリカの他、UKチャートで10位、オーストラリアで9位、ニュージランドで7位に初登場するなど、主要国でTOP10入りし、カミラが抜けても人気は健在だということを知らしめた。

 6位には、米ニューヨークのヒップホップ集団、エイサップ・モブの2ndアルバム『Cozy Tapes, Vol. 2: Too Cozy』が、41,000ユニット数を獲得し、初のTOP10入りを果たした。本作のリリース前には、メンバーのエイサップ・トゥエルヴィがソロ・デビューアルバム『12』を8月4日に、18日にはエイサップ・ファーグがミックステープ『Still Surviving』を続けてリリースし、アルバムのプロモーションに繋げた。

 エイサップ・モブとのポイントは僅差で、7位にはカントリー・バンドのオールド・ドミニオンが初登場している。本作『ハッピー・エンディングス』は、通算2作目となるスタジオ・アルバムで、2015年にリリースしたデビュー・アルバム『ミート・アンド・キャンディー』で獲得した最高16位から9ランクアップし、初の全米TOP10入りを果たした。10位には、ロックバンド、ザ・ウォー・オン・ドラッグスの4thアルバム『ア・ディーパー・アンダスタンディング』がデビュー。2014年リリースの前作『ロスト・イン・ザ・ドリーム』からおよそ3年半ぶりの新作で、本作はレーベルを移籍して初のアルバムとなる。オーストラリアで5位、UKチャートでは3位にデビューし、各国で最高位を更新している。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、9月6日22時以降予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『Luv Is Rage 2』リル・ウージー・ヴァート
2位『17』XXXTentacion
3位『ヴィランズ』クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ
4位『フィフス・ハーモニー』フィフス・ハーモニー
5位『DAMN.』ケンドリック・ラマー
6位『Cozy Tapes, Vol. 2: Too Cozy』エイサップ・モブ
7位『ハッピー・エンディングス』オールド・ドミニオン
8位『アメリカン・ティーン』カリード
9位『プロジェクト・ベイビー2』コダック・ブラック
10位『ア・ディーパー・アンダスタンディング』ザ・ウォー・オン・ドラッグス