離婚カウンセラーが明かす泥沼協議……回避する方法は?

写真拡大

この夏の芸能ニュースを独り占めした感のある松居一代さんの泥沼離婚騒動。「教えて!goo」にも「松居一代さんに同情しますか?」をはじめ、たくさんの質問が寄せられている。「他人の不幸は蜜の味」とはよく言ったものだが、みんな興味津々のようだ。そこで今回は、多くの女性から離婚相談を受けてきた専門家に泥沼離婚の事例を挙げてもらい、それぞれ対処法を聞いてみた。

答えてもらうのは、離婚カウンセラーとして豊富な経験を持つ行政書士の阿部貴子さん。「さっぱりと別れられる離婚がある一方、にっちもさっちもいかなくなる離婚があります」と話す。

理性的に条件の落としどころを見つけようとするスタンスがお互いにあれば、現実的なところで話はまとまるそうだが、「性格、恨み、経済状況、価値観などの理由からなかなか離婚が進まないことがあります」と表情を曇らす。さっそく事例を挙げてもらおう。

【泥沼1】殻にこもる夫、短期決戦で決着を

「性格不一致を理由に離婚を切り出した妻に対し、夫は自殺や、妻や妻の周囲に危害を及ぼすことをほのめかす。全く協議に応じず、殻にこもってしまう夫に、修復の努力をしている様子は全く見られない。夫がまったく連絡に応じない状況です」(阿部さん)

話し合いができずに膠着状態というわけだが、阿部さんは「新たな人生のスタートを“早く”切りたい、と思うならば、ある程度様子を見た後、この事態に見切りをつけましょう」と行動を促す。具体的には、自力だけでの協議はあきらめ、弁護士を入れることを勧める。

費用を考えれば、弁護士を入れない方がベターだが、「痛い出費も覚悟で、話を進めた方が良い」とのこと。なぜなら早めに決着をつけるべき深刻な理由があるのだ。

「殻にこもるタイプの夫は音信不通となり、既に実家に身を寄せていることが多々ある」と阿部さん。そして「夫の親が窓口となり、夫に住居を提供している状況を逃すと『離婚したら夫はどこに住むの』『夫の離婚後の経済状況は?』といったことまで考える必要が出てくるかもしれません」と不安を募らす。

長引けば離婚自体が難しくなる可能性も。このケースの場合、阿部さんは問題を先送りにせず、事態に取り組むことを勧めている。

【泥沼2】親も参戦、罵詈雑言合戦に

「離婚協議に参加する登場人物が増え、トラブルも増幅。それぞれの親が加わり、罵詈雑言合戦になって収拾がつかなくなる。家と家がけなし合い、責任をなすりつけ合う。『普通はこうだ』『我儘だ』など決着つかない価値観の問題に陥り、話が進まなくなります」(阿部さん)

阿部さんは「もともと親が口出しに積極的で、自分も親を頼りにしているなら、選択の余地がないかもしれない」と一定の理解を示すものの、「相談することはあっても、あくまでも相手と対峙するのは自分一人とした方が良い」と奮起を促す。

「親が理性的に振る舞うとは限らない」とし、「自分の親が離婚協議に乗り出すということは、相手方の親も乗り出してくる可能性がある」とも指摘する。

さらに「落としどころを見つけるための協議になれば良いが、トラブルの収拾に慣れた親は少なく、感情的になって話がやっかいになる」ことが多いそうだ。「船頭多くして船山上る」という格言もある。本人同士で解決できるのに越したことはないだろう。

【泥沼3】不倫で立場が逆転、大きな痛手に

「不倫夫、DV夫、モラハラ夫への不満から離婚を考えて悩んでいる妻が不倫をしてしまった。しかも証拠を採られた。夫は自分の浮気は棚に上げ妻を責め立て、妻は全面的に“悪”のレッテルを貼られてしまう」(阿部さん)

本来は被害者として浮気夫、DV夫との離婚を進めたかったが、自らの不倫によって、逆に夫から責められる立場に。阿部さんは「妻が不倫していないケースと比べると、離婚の進め方や別居条件、離婚条件に影響が出てくる可能性がある」とし、「経済力の弱い妻にとっては痛手となる」と警告する。

「夫の束縛から本気で逃れたいと思うならば、婚姻中に他の男性に慰めを求めることは危険」と強調。「男性と二人きりで相談としてどこかレストランなどで会う、ということも離婚を考えているならば避けたい。疑われるだけでも話が面倒になる可能性がある」と付け加える。

最後に阿部さんは泥沼離婚を避けたいなら、くれぐれも「離婚を進める場合は、身辺きれいに保っておきたい」と締めくくった。

●専門家プロフィール:阿部貴子
行政書士、離婚カウンセラー。モラハラ、浮気、離婚時の取り決めに強い離婚の専門家。離婚や修復をどのように進めていけば良いのか、豊富な相談実績基づく具体的実践可能なアドバイスに定評。自身のサイトで「離婚したい、状況別ポイントまとめ」を紹介したり、シングルマザーの投稿掲示板「シングルマ」などを運営する。

(武藤章宏)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)