ジャンポケ太田、with Bコージ、森渉ら力自慢が『スポ男』で大激突

写真拡大

芸能界きっての肉体美を誇る精鋭たちが己の意地とプライドをかけ過酷な競技に挑み、凌ぎを削るスポーツバラエティ『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦2017秋』(TBS系列)が、9月28日(木)19時から3時間にわたり放送される。

今回の出演者は、IN SOO(MY NAME)、大池瑞樹(九星隊)、大倉士門、岡田隆之介、太田博久(ジャングルポケット)、辻本達規(BOYS AND MEN)、徳田浩至(ブリリアン)、野村祐希、平野泰新(MAG!C☆PRINCE)、森渉ら。また、観月ありさが主宰する。

番組の象徴とも言える競技「モンスターボックス」では、池谷直樹らが築いた世界記録の23段(高さ306センチ)を飛び越えた平野を中心とした争いが展開。平野に挑むのは、前回大会で初出場ながら21段を跳んだパルクール俳優・梶原颯。デットヒートの先に世界記録は果たして出るのか。

回転するホイールに取り付けられたハードルを跳び続けるスタミナ種目「ハードジャンパー」では、過去に最高記録となる238回を跳んでいる辻本が、前回この種目で優勝を果たした森に挑む。森の大学時代の後輩にあたり、ラクロス部で日本一を経験したあのお笑い芸人も刺客として登場する。

また、徐々に重さを増していくボックスを持ち上げ続ける耐久レース「ヘビープレス」、番組の名物種目で1枚の壁を左右から押し合う種目「パワーウォール」などパワー系種目が登場。前回総合優勝を果たしパワー系種目では圧倒的な強さを見せてきた野村の前に、芸能界屈指の柔道王として知られ、全日本マスターズレスリング選手権で優勝を果たした太田、法政大学アメフト部で日本一を経験した「ブルソンちえみwith B」でおなじみの徳田といった、お笑い界の力自慢が立ちはだかる。

以上4競技を終え、総合順位上位3名が進むことが出来る最終競技が「ショットガンタッチ」。10メートルの高さから落下するボールをどれだけ離れたところからタッチできるかを競うスピード競技となる。

さらに、白熱した闘いをより一層盛り上げる豪華ゲストも応援に駆けつけた。連覇がかかる野村の父・野村将希をはじめ、前回の雪辱を果たすため気合十分の徳田の相方・杉浦大毅、今年我が子が生まれた森と太田の応援に、それぞれの妻・金田朋子と近藤千尋がそれぞれ熱いエールを送る。そして、Twitterフォロワー数44万人の人気読者モデル・大倉のトレーナーで、今話題のクロスフィットトレーナー・AYA、今回最年少出場となる、ますだおかだ・岡田圭右を父に持つ隆之介の応援に、母・岡田祐佳も駆けつける。このほか、BOYS AND MEN、MAG!C ☆PRINCEのメンバーや、今回初出場となる韓国アイドル界最強の刺客・IN SOOが所属するMY NAMEのメンバーも姿を見せ、かつてないほどの盛り上がりを見せることとなる。