6日、サッカー・ロシアワールドカップアジア最終予選の最終節で韓国がウズベキスタンと引き分け、他会場での試合結果を受け辛うじて本大会進出を決めたが、韓国代表選手らは最終結果が出る前に「フライング」で歓喜していたことが分かった。資料写真。

写真拡大

2017年9月6日、サッカー・ロシアワールドカップ(W杯)アジア最終予選の最終節で韓国がウズベキスタンと引き分け、他会場での試合結果を受け辛うじて9大会連続の本大会進出を決めた。韓国代表は試合終了直後にシン・テヨン監督を高々と胴上げしたが、実はこの胴上げが「フライング」であったと、韓国・マイデイリーが伝えた。

韓国はタシケント・ブニョドコルスタジアムで行われたウズベキスタンとのアウェー戦で0−0で引き分け合計勝ち点を15とし、イランと引き分けたシリア(勝ち点13)を抜いてグループ2位で本大会進出に成功した。

一方、同時刻に行われていたイラン−シリア戦ではシリアがイラン相手に先制ゴールを決めるなど、韓国にとって本大会進出への雲行きが怪しくなり始めていた。このまま試合が終わってしまえばシリアが2位、韓国が3位となるためだ。その後、幸いにもイランが2ゴールを決め韓国には有利な状況となるが、韓国−ウズベキスタン戦の終了とほぼ同時刻、イラン−シリア戦ではアディショナルタイムにシリアが同点ゴールを決め、まさに最後の最後まで結果は分からなくなっていた。

そんな中、韓国代表は早くも本大会進出を祝いシン監督を胴上げしていた。ウズベキスタンとの試合終了直後、韓国代表らは喜びの涙を流して歓呼し、監督も「イランが2−1で勝っている」というニュースを選手らに伝え、皆で万歳を叫んでいたのだ。

原因はコーチングスタッフの伝達ミスで、選手らはイラン−シリア戦のアディショナルタイムの状況を把握できていなかったという。シン監督は試合後の記者会見で「私は最後のあたりで知った。選手は一切知らなかった。初めはイランが2−1で勝っていると聞いたが、後に2−2となった。まだ終わっていないと聞いて緊張した」と話した。

マイデイリーは「幸い、シリアがこれ以上ゴールを入れなかったため韓国が本大会に進出したが、もし劇的なゴールが出ていたら恥ずかしい状況になるところだった」と伝えた。

韓国のネットユーザーからも「国家代表ともあろう人たちがボーっとし過ぎ」「サッカーの実力以前に基本的な常識を持ってくれ」「だいたい1点も取れてなくて胴上げとはなんだ?恥ずかしくないのか?」など非難の声が相次いでおり、中には「シリアが1ゴール追加して3−2で勝てばレジェンドになったのに」など皮肉たっぷりのコメントもある。

シン監督に対しても「監督を早く交代して」「まさかW杯までシン監督?最終予選の2試合だけじゃなかったの?」など厳しい声が寄せられ、韓国サッカーについて「最悪。代表選手は反省して一生懸命練習すべき。これ以上国を辱めないで」と切に願うユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)