くるり

写真拡大

くるりが、楽曲“特別な日”をジェイアール京都伊勢丹に提供している。

【もっと大きな画像を見る】

京都・京都駅ビル内で営業する百貨店・ジェイアール京都伊勢丹の創業20周年を記念する同曲。岸田繁(Vo,Gt)が同店の従業員にヒアリングを行なった上で作詞作曲を手掛けた。なおくるりは京都出身で、昨年に20周年を迎えている。

岸田繁は同曲について、「それぞれの日常という名の『特別な日』を演出するために、デパートのスタッフ達の笑顔と気持ちがあるのです。『一期一会』を大切に、たくさんの人々の日常こそが『特別な日』なのです。そんなスタッフ達の気持ちをひもといて、こんな曲を作ってみました」とコメントしている。

“特別な日”は本日9月6日からジェイアール京都伊勢丹店内で放送中。300人以上の従業員が出演するPVも制作され、9月20日からジェイアール京都伊勢丹のウェブサイトと店内特設会場で公開される予定だ。

■岸田繁のコメント
京都駅ビルが新しい姿に生まれ変わって幾分かの月日が過ぎました。1200年以上の歴史を誇る京都の街の玄関口には、市民の皆さんやビジネスマン、学生、そしてたくさんの観光客が毎日行き交っています。駅ビルの中にあるジェイアール京都伊勢丹では、たくさんの人々がそれぞれのお買い物をしています。家族や友達の誕生日、記念日のギフトだったり、普段頑張っている自分へのプレゼントだったり、訪れた京都ならではの気の利いたお土産だったり、それぞれの日常という名の「特別な日」を演出するために、デパートのスタッフ達の笑顔と気持ちがあるのです。「一期一会」を大切に、たくさんの人々の日常こそが「特別な日」なのです。そんなスタッフ達の気持ちをひもといて、こんな曲を作ってみました。