葛西純が、8月27日におこなわれた『葛西純プロデュース興行 東京デスマッチカーニバル2017』後楽園ホール大会で負傷(右手中指腱断裂)し、9月3日(日)の大阪世界館大会を欠場となった。

そんな中、自身のブログで「指がプラプラでした」と表現するほどのケガだったという葛西だが、Twitter上では第二子の誕生を発表。ファンや関係者の間からは祝福の声が続々と届いている。

葛西は「オレっちがリング上で多くの傷を負い、多くの血を流していても。やっぱり嫁さんには敵わないよな。今日は本当〜〜〜にお疲れ様でした!! そして、ありがとう!! 本日から四人家族になりました」と、ベッドで子どもを抱いている妻との幸せいっぱいの3ショットを掲載した。

このツイートに対し、エル・デスペラード、 竹田誠志、高木三四郎といったレスラーから次々と祝福の言葉が届いているが、中でも「でも怪我は早く治してね。お大事に!」と葛西を気遣う言葉を寄せたのが高木。子育ての先輩として「アドバイスできる自信があります(笑)」と応じている。

葛西は9月5日に入院し、6日には手術をするとのこと。復帰時期は未定となっているが、新たな家族を得て精神的なタフさはさらにパワーアップすること間違いなしの。ケガを治し、リング上での雄姿を見られる日が1日も早くなることを願ってやまない。