4日、台湾のネットメディア・爆料公社によると、日本を個人旅行で訪れた台湾人とみられる女性がこっそり団体ツアーに紛れ込み、バレて逆ギレするという出来事が起きた。写真は築地市場。

写真拡大

2017年9月4日、台湾のネットメディア・爆料公社によると、日本を個人旅行で訪れた台湾人とみられる女性がこっそり団体ツアーに紛れ込み、バレて逆ギレするという出来事が起きた。海外網が伝えた。

女性はツアーに参加していた知人の宿泊していたホテルの部屋で眠り、勝手にツアーに紛れ込んでいた。添乗員に見つかり、「このようなことはしないで下さい」「ホテル代を払ってもらいます」と言われた途端に逆ギレした。

バスの車中にもかかわらず、台湾方言も交えた中国語で添乗員に向かって大声でまくし立てて悪態をついた上、ツアーに参加していないのに「旅行会社にクレームをつけてやる」とまで言い放った。

女性の悪態はあまりにうるさく、ついに見かねたバスの日本人運転士が車を止め、人さし指を口に当て、「シー」と身ぶりで女性を制止するひと幕まであった。しかし、女性は悪態をつくのをやめず、罵詈(ばり)雑言の限りを尽くした。

台湾のネットユーザーからは「恥ずかしすぎる」「この話し方は明らかに台湾。中国じゃない」「ツアーに参加してないのにクレームって…」「今度日本に行く時、台湾人だと言えない」などのコメントが書き込まれている。(翻訳・編集/岡田)