画像提供:マイナビニュース

写真拡大

中国家庭料理北斗(東京都港区)はこのほど、青山の美容クリニック「ティーアイクリニック」院長・田原一郎氏が監修した「ソイ担々麺」(1,000円・税込)を発売した。

監修を担当した田原氏によると、同商品は罪悪感なく食べてもらえるよう、3つのヘルシーポイントにこだわったという。

麺は全粒粉を使用したことで、GI値を小麦粉の約半分にまで低減させた。食後の血糖値上昇のスピードを抑えることで、同じ量を食べても太りにくくなっている。

トッピングには大豆ミートを採用した。大豆ミートのカロリーは肉の2分の1程度で、コレステロールはゼロ。低脂肪にもかかわらず、たん白質の量は肉と同等であるとのこと。食物繊維やミネラル・大豆イソフラボンも摂取でき、食べることで美容効果が高まるように工夫したという。

スープは、野菜出汁に豆乳クリームを合わせた。動物性食材不使用でありながら、コクがあり、濃厚で満足感のあるスープになっているとしている。

なお、「ソイ担々麺」の提供は17:00から。