世界ランキングで日本人最高位に浮上した石川佳純【写真:Getty Images】

写真拡大

最新世界ランク発表、張本は初の10位台入り、伊藤は7位に上昇

 国際卓球連盟は5日、最新の世界ランキングを発表し、チェコオープンで史上最年少優勝を果たした14歳・張本智和(エリートアカデミー)が前回の20位から13位に上昇し、自己最高位を更新。初の10位台入りを果たした。女子ではブルガリアオープン優勝、チェコオープン準優勝の石川佳純(全農)が平野美宇(エリートアカデミー)を抜き、日本人最高の5位に返り咲いた。

 そのほか、男子ではブルガリアオープン準優勝の松平健太(木下グループ)が4つ上げて12位。女子ではチェコオープンで石川を破って優勝した伊藤美誠(スターツSC)が4つ上げて7位に。トップ10入りを果たした。