タカシ役の染谷俊之

写真拡大

12月23日から東京・池袋の東京芸術劇場、2018年1月19日から兵庫・兵庫県立芸術文化センターで上演される舞台ミュージカル『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』の追加キャストが発表された。

【もっと画像を見る(6枚)】

石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』を歌とダンスを交えて初舞台化する同公演。脚本・作詞に柴幸男(ままごと)、演出に杉原邦生(KUNIO)、振付に北尾亘(Baobab)を迎え、2013年から上演に向けたワークショップが行なわれてきた。これまでの発表では主人公のマコト役を大野拓朗が演じることが明らかになっていた。

追加キャストとして発表されたのは、カラーギャング集団G-Boysのキングことタカシ役を演じる染谷俊之と、G-Boysと対立するレッドエンジェルスのリーダー・京一役を演じる矢部昌暉(DISH//)。染谷と矢部は共に昨年末のオーディションを経て選出された。2人は今年に入って歌のレッスンを重ねており、舞台稽古が始まる前にダンスレッスンも始める予定だという。

染谷俊之は同作への出演にあたり「G-boysのキングという社会的影響も与えたぐらいの役を演じるというのは、プレッシャーも感じていますが、早く本番を迎えたいという楽しみな思いもあります」と明かしているほか、矢部昌暉は「元々ドラマがすごく好きで観ていました。IWGPにハマって原作も読んで、今回出演できることがすごく嬉しいです」と語っている。

演出の杉原邦生は染谷俊之について「彼にしかない独特なオーラと存在感があり、オーディションでは、素直でまっすぐなその姿に心を打たれた。彼となら一緒にこの舞台化という挑戦ができると確信した」とコメント。矢部昌暉については「オーディション会場に入ってきた瞬間から、目が引き付けられ、京一をやって欲しいと直感した。実際に芝居も歌も踊りも説得力があり、彼にしかできない京一が見られると思う」と太鼓判を押している。

同作ではチーム同士の抗争を日替わりで登場するストリートダンスカンパニーによるダンスバトルで表現。東京公演に出演するストリートダンサーを公募している。また客席は舞台上にも設置され、通常の客席と舞台上の客席から舞台を囲む形になるという。東京公演のチケットは10月14日、兵庫公演のチケットは10月21日から販売開始。

■染谷俊之のコメント
僕自身IWGPの世代で、周りの友達の中でもすごく流行っていて、まさかその作品に自分が携わらせてもらえるとは思っていなかったのでとても嬉しいです。G-boysのキングという社会的影響も与えたぐらいの役を演じるというのは、プレッシャーも感じていますが、早く本番を迎えたいという楽しみな思いもあります。皆さんの心にずっと残るような作品にしたいと思います。

■矢部昌暉(DISH//)のコメント
元々ドラマがすごく好きで観ていました。IWGPにハマって原作も読んで、今回出演できることがすごく嬉しいです。共演者のみなさんと力を合わせて素敵な作品に作り上げたいと思います。