日本代表の長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

 6日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はアウェイでサウジアラビア代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。試合後、日本代表の長友佑都が取材に答えている。

 試合を振り返って長友は「なかなか難しい部分はありましたね。オカもちょっと孤立してたんで、圭佑とか元気とかもすごい守備を頑張ってくれて下がってきた分、岡崎が孤立してしまってっていう場面が沢山あったんでね。そこはチームとしてどうするべきかっていうのはもうちょっと圭佑とか元気とかを攻撃に意識を持っていく体力を残せるような守備を僕らサイドバックがもっとやっていかなければいけないんじゃないかなと感じてます」とコメント。

 ここ最近の日本代表の試合で、井手口陽介などの若手選手が活躍し始めたことに関しては「こうやって若手が出てきて、刺激もガンガンもらってるんでね、代表でも頑張らないといけないですけど。インテル帰ってももっと厳しい競争があるんで、一瞬たりとも、1日たりとも気が抜けない勝負は続きますよね」と語っている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部