9月2日(土)に赤坂BLITZにて7人組の正統派アイドルグループAnge☆Reve(読み:アンジュレーヴ/通称:あんじゅれ)がセカンドワンマンライブ「1,000人と叶えたい 赤坂BLITZで下克上!!〜限界はどこにもない〜」を開催し、1,000人のファンに埋め尽くされた会場で二年半ぶりとなるワンマンライブを大成功に収めた。

Overtureとともに純白の衣装で登場したメンバー。オリコン初登場8位と9位にランキングした2枚の最新アルバム『Lumiere〜天使盤〜/〜堕天使盤〜』からのアップテンポなナンバー『ココからイマジネーション』でスタートするや否や、佐々木璃花の「みんなの声をもっと聞かせてー!」の掛け声に会場は一気にヒートアップ。

ライブタイトルにもなぞらえた『恋愛☆下克上!!』や『リトルピ』などのポップで盛り上がる人気ナンバーを立て続けに披露したと思えば、一転シリアスな『Reality』や『堕天使の⼼モヨヲ』などシンクロ率の高い息の合ったダンスパフォーマンスを披露し、未音源化楽曲3曲を含む全21曲を歌い上げた。

最後に「7人でのワンマンライブはこの1回だけ。今日のために、メンバー7人でたくさんの時間をかけて、セットリストや演出に関してアイデアを出し合いました。これからもAnge☆Reveについてきてください!」と吉橋亜理砂は涙を流しながら語った。

また先立って10月7日(土)に東京キネマ倶楽部での卒業、そして芸能界からの引退を発表している初期メンバーの渡辺くるみは残り1ヶ月あまりとなる活動を前に「見たいと思っていた景色がついに見ることができて幸せです。寂しい気持ちはありますが、Ange☆Reveはまだまだみなさんと一緒に、今日よりも大きくて新しい景色を見ることができると信じています。」と、新体制を迎えるメンバーへのエールを送った。

アンコールでは、エンディングでメジャーデビューから2年を経て、初めてのシングルCD『星空プラネタリウム』が11月29日(水)にリリースとなることがサプライズで発表され、初披露された。