9月と言えば、どうしても暴落のイメージがつきまとう。だが過去20年を見ると…(写真:ロイター/アフロ)

「やれやれ、日経平均株価が再び2万円に手が届く水準まで来たか」と思った矢先、「北朝鮮軍」が再び株式市場に売りを浴びせてきたようです。

9月9日の北朝鮮の建国記念日を前に「何かやる」とは思っていたため、3日の行動自体は驚きではありませんでしたが、週明け4日の日経平均株価は一時1万9500円割れ。今回の大規模な核実験に続き、ICBM(大陸間弾道ミサイル)のグアムや米西海岸の近くに向けた発射など、追加的な挑発行為があるかもしれません。それらを警戒し、日本株には「地政学リスク」を理由に海外投資家によるヘッジ売りが続いているようです。北朝鮮情勢だけが理由ではありませんでしたが、5日のNYダウは前週末比で234ドル安で終了。為替も再び1ドル=108円台に入りました。

9月は「リーマン」のイメージ強いが、過去20年は?

一方、世界景気は堅調です。筆者がいつもみている、米国と中国の製造業PMI(購買担当者景気指数)の合計は、8月は110.5と、2011年4月以来の水準まで上昇しました。ただ、連動するはずの日経平均株価は弱含みです。地政学リスクが邪魔をして株価の反応が遅れているだけならいいのですが、先見性があるといわれる株価が景気のピークアウトを予見していたとしたら、地政学リスクで下げたように思われている今の局面では、「押し目買いは正しくない」ということになります。今年もやっかいな9月相場入りとなりました。

さて、直近20年(1997〜2016年)における日経平均株価の9月の騰落状況を見てみると、7勝13敗と「負け越し」です。ただ、意外感があるのは、過去20年間の平均値幅が、6月、2月に続いて小さいことです。
下げたときの主なケースを振りかえってみましょう。2015年は中国リスクの高まりに加え米国の利上げに対する警戒感から下げが加速しました。2011年は、欧州債務不安・米国景気の二番底懸念、2009年は円高進行で7カ月ぶりに下落。2008年はリーマンショックによる金融危機、2004年はハイテク株安などで9日続落、2003年は円高進行で失速、2002年は不良債権問題などを背景に19年ぶりの9000円割れ、2001年は9月11日の米同時多発テロで急落、といった具合です。

一方、上昇したケースはというと、2013年はFRB(米連邦準備制度理事会)が予想に反して量的緩和の縮小を先送りしたことで、金融相場への期待感が広がりました。2010年は6年ぶりに政府・日銀による為替介入実施で円高が一服。2007年はFRBの大幅利下げで信用収縮懸念が後退、2005年は衆院選の与党圧勝を契機に上昇しました。

こうして見てみると、金融政策の行方をめぐっての見方が、相場の材料になることが多いようです。過去の1997年、1998年、2001年、2015年は8月に1000円以上の下落幅となり、9月も尾を引くかたちとなりました。つまり、9月は8月を引きずることが多いようです。今年の8月の高値と安値の値幅は約833円と、過去20年間の8月でみると比較的小さな値動きとなりましたが、9月も19〜20日のFOMC(米連邦公開市場委員会)までは動きづらそうです。

1日あたりの売買代金がどこまで増えるかを見極めよ

さて、テクニカル分析をすると、相場のタイミングでこの先重要なのは、9月15日〜9月20日頃かもしれません。そこは、トランプショック時の日経平均株価の安値から最初の山(安値→高値→安値のサイクル)を形成した「107日」を、4月14日安値から将来に当てはめたタイミングです。次回の米国のFOMC(連邦公開市場委員会)に絡んでくるところでもあります。「5月に売って、セント・レジャー・デー(9月の第2土曜日)まで戻ってくるな」という米国の相場格言が、今年も市場に戻ってくるヒントになるかもしれません。そこまでの間に、これ以上下落幅が広がらなければ、10月の意外高はあるかもしれません。

そのポイントになるのは、売買代金です。今年に入ってからの東証1部の売買代金を、日経平均株価の200円刻みの価格帯別で分けてみますと、1万9900円〜2万0100円の水準が78兆円と最も多く、直近の8月29日の安値(1万9280円)は2番目に多い58兆円の1万9300円〜1万9500円の水準で支えられました。つまり、2万円付近からは上値が抑えられやすく、1万9400円付近からはサポートになりやすいといえます。

1万9900円以上で推移した6月〜7月の1日あたりの売買代金が2兆3000億円程度ですので、今後その程度まで売買代金が増えれば、4月17日安値からの上昇局面のように、年初来高値(2万0318円)を一気に更新していく可能性が高まります。一方、2兆円を下回るような低迷が続くようですと、2万円を突破するのは難しくなり、当面はよくてボックス相場へ、でしょうか。8月29日の安値(1万9280円)を明確に下回るようだと、10月に向けてもっと下げることが予想されます。

次の上昇局面に向けて、また、下げたときには何に注目すればいいでしょうか。筆者は、8月相場で弱かった、特に不動産や証券、銀行、保険といった内需金融株への下値買いが有効とみています。

逆に言えば、そういった内需の主力株が買われないと2万円を超えていくのは難しいと思いますし、配当利回りが高い銘柄が多く、9月後半に向けては十分、相場を動かす材料となる業種だと思われます。実は、米国市場も、ナスダックが相変わらず強さを見せていますが、足元の上昇のけん引役はバイオ関連です。しかし、あまり長続きしそうにありません。最近までのハイテク株を物色する流れから、金融株にシフトする幕間つなぎに過ぎないのではないでしょうか。

さて、私が所属している非営利の団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では「テクニカル分析についてもっと学びたい」という読者の方々のために、有名な「ボリンジャーバンド」の開発者であるジョン・ボリンジャー氏を東京(11月18日土曜日)と大阪(11月25日土曜日)にお招きし、セミナーを開催いたします。もちろん、日本語の通訳もつきます。

ボリンジャー氏が自ら開発した「武器」を使って日本株を分析すると、どのように映るのでしょうか?今後は上昇でしょうか、それとも下落でしょうか。実は、筆者もボリンジャー氏を囲むパネルディスカッションのパネラーとして参加し、意見させていただきます。ご興味のある方は、こちらから、ぜひお申し込みください。