日本代表の岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大

 6日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、日本代表はアウェイでサウジアラビア代表と対戦し0-1の敗戦を喫した。試合後、日本代表の岡崎慎司が取材に答えている。

 試合を振り返って岡崎は「基本的に勝ちに行ったし、最初から自分たちのプラン通りにも行けてたんですけど、やっぱ決めるところで決めれないと。先に先制されると引かれた時には自分たちの攻撃が雑になるし、途中からやっぱり暑さもあって前に行けない。攻撃でのクオリティを発揮することができなかったかなと思うんですけど。個人的にはゴールを取れればOKだと思うし、取れなかったんでチームを助けることができなかったかなと思う。暑い中で3回くらいチャンスあったんで、それをやっぱり決めるっていうのが自分の最大の目標だったんで、今日に関してはそれだけだったかなと思います」とコメント。

 続けて「勝てなかったっていうところでやっぱり悔しさはありますし、決まっててよかったなってホッとしてる部分もある。ただ、自分たちの課題もいっぱい出たと思うし、相手が引き出したところで自分たちの課題っていうのは出たと思うし。まあ、何とも言えないゲームだったかなと思いますね」と語っている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部