リオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間5日、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第16節が各地で行われた。

 本大会出場権獲得に黄信号がともっている5位アルゼンチンは、すでに敗退が決まっている最下位ベネズエラと対戦し、1-1で引き分けた。

 立ち上がりから主導権を握ったアルゼンチンは、相手を圧倒して先制ゴールに迫る。しかし、25分にディ・マリアが負傷交代を強いられると攻撃が停滞。頼みのメッシも厳しいマークにあってなかなか自由になれなかった。

 後半立ち上がり、先制したのはまさかのベネズエラ。カウンターでアルゼンチンの高いラインを突破すると、ムリージョが決めてアウェイチームが先制する。

 それでもアルゼンチンは54分、左サイドを突破したアクーニャがイカルディにクロスを入れて、DFと競り合いながらゴール。すぐに同点に追いついた。

 だが、その後は続かず。アルゼンチンから勝ち点1を得ようとするベネズエラの厳しい守備を攻略できなかった。

 南米予選その他の試合では、突破を決めているブラジルが2位コロンビアと1-1のドロー。チリは敵地でボリビアに0-1で敗れた。好調ペルーは、敵地でエクアドルを下し、アルゼンチンを抜いて5位に浮上している。ウルグアイはパラグアイに2-1で勝利、コロンビアを抜いて2位となっている。

 アルゼンチンは2試合を残してプレーオフを戦う5位に位置している。

text by 編集部