ロシアに向け出発する文大統領(右)=6日、城南(聯合ニュース)

写真拡大

【ウラジオストク聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6日午前、「東方経済フォーラム」が開かれるロシア・ウラジオストクに到着した。

 朴魯壁(パク・ノビョク)駐ロシア大使らの出迎えを受けた文大統領は、その足でプーチン大統領との首脳会談に出席する。

 首脳会談は両国の首脳を含め4〜5人が出席する「少人数会合」形式で開かれ、朝鮮半島情勢と両国関係全般について議論する予定だ。

 首脳会談に続いて開かれる予定の昼食会には、両国の閣僚らが出席する。

 その後、両首脳は共同記者会見を開き、主要な協定と了解覚書(MOU)署名式を行う。

 文大統領は北朝鮮の6回目の核実験強行による朝鮮半島の安全保障の危機状況を説明し、今後の対応と朝鮮半島の平和定着方策を巡って意見交換する予定だ。

 また、両国間の高官の交流拡大と経済・制度的基盤の拡充、極東地域の開発協力発展など、実質的な経済協力策を議論する。

 文大統領はプーチン大統領に対し、北朝鮮への石油輸出禁止と北朝鮮から海外への労働者派遣禁止などを主な内容とする国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁と圧力に同調するよう求めるとみられる。

 文大統領はモンゴルのバトトルガ大統領とも就任後初の首脳会談を開き、両国関係の発展策と北朝鮮の核・ミサイル問題などを協議する。

 7日には安倍晋三首相と首脳会談を行い、大陸間弾道ミサイル(ICBM)による挑発と6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し「これまでとは次元の違う、北が痛感するような強力かつ実質的な対応措置」を巡って意見を交わす予定だ。

 文大統領はその後、東方経済フォーラムの全体セッションに出席し、基調演説では北東アジアを含むユーラシア地域の国々との経済協力に向けた政府の「新北方政策」を提示する計画だ。

 今回のフォーラムには約50カ国から4000人が参加し、26カ国が政府代表を派遣する。北朝鮮も金英才(キム・ヨンジェ)対外経済相を団長とする政府の経済代表団を派遣する。