市原隼人扮するサムライが現代に迷い込む 『サムライせんせい』ポスター&予告編

写真拡大

 市原隼人主演映画『サムライせんせい』より、ポスタービジュアルと“薩長土肥バージョン”の予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、黒江S介の同名漫画を、『キャプテントキオ』『新選組オブ・ザ・デッド』の渡辺一志監督が映画化したもの。何故か幕末から平成の日本にタイムトラベルしてしまった市原演じる高知出身の志士・武市半平太が、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得ていく姿を描く。

 公開されたポスタービジュアルには、“この時代も悪うないぜよ”というコピーとともに、半平太が現代の路上にたたずむ様子と前を見据えた姿が捉えられている。

 本作は2018年新春に公開されるが、すでに決まっていたTOHO シネマズ高知に加え、鹿児島、山口、佐賀でも11月18日に先行公開されることが決定。先行上映される薩長土肥バージョンとの予告編では、見たことのない現代の風景や生活ぶりに驚くばかりの半平太に反し、サムライを受け入れて行く周囲の人々の温かさが垣間見れるシーンが盛り込まれている。(リアルサウンド編集部)