古坂大魔王、高校の同級生はテレビCMにも出演した業界有名人だった

写真拡大

お笑い芸人の古坂大魔王が、9月6日に放送される『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系列、毎週水曜19:00〜)に初出演し、高校時代の同級生2人と再会する。

番組では、有名人を招いて、当時は仲が良かったが、今は何をしているかわからない同級生の“今”を取材。知られざるエピソードと共に有名人の素顔を掘り起こすバラエティ番組だ。

昨年、プロデューサーを務める歌手・ピコ太郎の楽曲「PPAP」が世界的な大ブームとなり、一躍世界にその名を知られるようになった古坂。1973年生まれ、青森県出身の古坂は、地元の進学校・青森東高校を卒業後、お笑い芸人を目指して上京。日本映画学校(当時)に入学し、そこで出会った2人とお笑いトリオ・底抜けAIR-LINEを結成した。『ボキャブラ天国』などで活躍したものの、トリオは2005年に解散。ピン芸人として活動を開始した古坂は、昨年のついに「ピコ太郎」で大ブレイクを果たし、今や世界を舞台に活躍している。

そんな古坂が名前を挙げた同級生は、高校時代「大人しいけど体だけはムキムキだった」男子生徒。学校で一番小柄だが、体はムキムキだった彼は、プロレスラーを目指していた古坂が立ち上げた格闘技同好会のメンバーだった。しかしその同好会は、古坂が活動初日に仲間の腕を折ってしまい、先生に怒られて廃部に。小柄な彼は、古坂いわく「獣神サンダーライガー的」な男。とても無口で、人前に出ることを一番嫌うタイプだったそうだが、最近古坂は、彼が全国区のテレビCMに出演したという信じられない噂を耳にしたという。

そんな彼の“今”を調査すると、とあるスポーツの日本代表を支える凄い人になっていることが判明。確かにテレビCMにも出演しており、おそらく誰もが一度は目にしていたはずの人物だった。業界では知る人ぞ知る“有名人”になっていた、小柄なムキムキ同級生の“今”とは?

そしてもう一人は、古坂が「一番“今”を知りたかった」という高校時代の同級生。古坂がその独特な感性に惚れ込み、お笑いコンビを組んでいた、身長180センチ超のイケメンだ。彼と一緒にお笑いをやると思っていた古坂は、高校卒業を前に上京を持ちかけたが、何と断られてしまう。実は、底抜けAIR-LINE時代に『ボキャブラ天国』で披露したネタのほとんどが彼と考えたものだったとか。古坂の誘いを断った彼は、今どこで何をしているのか。調査の結果、彼は古坂も驚くほどの“今”を手にしていた。

20歳の時からネタ作りなどで多忙な日々を送ってきたという古坂は「同級生の動向はほぼ何も知らない。今回、高校時代に一緒にお笑いコンビを組んでいた彼は、今何をしているか一番知りたい人間でしたが、あいつは掴まらないと思っていました」としみじみ。また「高校時代の格闘技仲間のコーナーでは、僕の芸人とプロレスラーという2つの原点が見られたことになりますね。僕は身長186センチ、日本人レスラーでこれほどの身長の選手は意外といなかったので、プロレスをやった方がいいかなと思っていたんです。それにしても出てきた同級生が、高校時代のお笑いの相方と格闘技の仲間(笑)。僕はお笑いプロレスラーですね(笑)」と語っている。

そして、彼らの“今”を見て「懐かしいというよりもすごく頑張っている、自分ももっとやってやろうと奮起を促されました。こんな風に思うとは予想もしていませんでした。昔を振り返りながら、温故知新とはこういうことなのかと。同時に、僕らの同級生も捨てたもんじゃないと誇らしく思いました。良い刺激をいただきました」と明るくコメントしている。