いよいよ、「AIタクシー」が走る時代に!

写真拡大

ディー・エヌ・エー(DeNA)は2017年9月12日から10月31日まで、人工知能(AI)を活用したタクシー配車アプリ「タクベル」の実用実験を、横浜市で実施する。9月4日に発表した。

DeNAは、神奈川県内で2018年1月以降の実用化を目指すほか、同県以外の地域への導入も順次進めるよう検討する。

「乗りたいときにもっと早く」

実用実験は、横浜市中区と西区、JR横浜線沿線(東神奈川〜長津田)の周辺エリアに限定して実施する。乗務員が専用端末を搭載したタクシー約200台を用意。1日に走行する車両は100台程度とする予定だ。

「タクベル」は、タクシーの配車がスムーズに行えるアプリ。乗客は、アプリで予想到着時間を事前に確認したうえで指定の場所へタクシーの配車を依頼することができる。周辺を走行中のタクシーの位置が表示されるため、空車走行中のタクシーを簡単に確認できるほか、迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能などを備えている。

さらに、AIを活用した「需要予測システム」を導入。運行中の車両から収集するビッグデータとタクシー需要に関連する各種データを解析して、乗務員へリアルタイムにタクシーの需要予測情報を提供する。

DeNAは、「将来的には、タクシーと乗客のマッチングを効率化し、乗りたい時にもっと早くタクシーが見つかる環境を目指す」としている。