インドで市場シェア2位の中国シャオミ 新端末「Mi A1」を投入

写真拡大

中国のシャオミは9月5日、同社初のAndroid Oneスマートフォンの「Mi A1」を発表した。シャオミはこれまで自社のカスタム版のアンドロイド「MIUI」を採用してきたが、この端末で初めてMIUIの搭載を見送った。

Mi A1の価格は230ドル。インドやインドネシア、ロシア、メキシコ等のアンドロイドが優勢な市場で9月12日から販売を開始する。シャオミのシニア・バイス・プレジデントのWang Xiangは、Mi A1の販売において「グーグルと売上のシェアを行う」と述べたが詳細は明らかにしていない。

中国での苦戦が伝えられたシャオミは、世界市場での販売拡大に向けて大きな第一歩を踏み出した形だ。シャオミはアップルやサムスンらの海外の競合に加え、ファーウェイやOPPO、Vivoといった中国メーカーとの競争に直面している。

同社は今年に入り、ギリシャやインドネシア、パラグアイやポーランドにも参入を開始し、これまで約40カ国に進出を果たした。「グローバルでの拡大に向け、我が社は重要な局面を迎えている。ユーザーのニーズが多様化するなかで、アンドロイドとの連携を深めることは必須の課題だ」とWangは述べた。

北京本拠のシャオミは2014年にネットを通じたフラッシュマーケティングで急成長を果たし、同年に11億ドルの資金を企業価値450億ドル(約4.9兆円)で調達。アジアで最も評価額が高いスタートアップ企業となった。しかし、その後は競合らの追い上げに直面し、業績の低下に悩まされてきた。

シャオミは今年の第2四半期には出荷台数を約60%増加させたが、母国での競争はさらに激化している。ネットでの販売が中心だった同社は近年、リアル店舗での販売に注力するが、中国の地価や人件費の高騰が収益の悪化を招いている。

調査企業Canalysのアナリストは「シャオミは2015年には中国最大のスマホブランドだったが、当時の栄光を取り戻すのはかなり難しい」と指摘する。

専用ストアを世界2000店舗開設へ

一方で海外市場に目をやると、スマホビジネスにはまだかなりの成長が見込める。スマホの普及率は中央ヨーロッパでは54%、東南アジアでは38%。普及率91%の中国と比べると大きな成長可能性がある。

また、シャオミの強みは300ドル以下の低価格ながら、デュアルレンズや指紋センサーといった最新の機能を搭載している点で、これが新興市場でアピールする強みとなる。海外市場向けにシャオミは今回のMi A1とRedmiシリーズの合計4モデルに絞りこんだマーケティングを展開していく。

また、リアル店舗での販売強化のため、シャオミは専用ストアの「Mi Home」を2019年までに世界で2000店舗、開設することを目指している。これは現状のアップルストアの2倍の店舗数だ。「オンライン販売に限定していては、今後の成長は見込めない」とWangは述べた。

インドでのシャオミの事業は好調だ。インド市場でシャオミは15.5%のシェアを持ち、サムスンの24%に次ぐ2位となっている。シャオミは今年のインドでの売上目標を20億ドルとしている。また、ポーランドでは四半期あたりの売上が倍増し、今年4月から6月の出荷台数は22万台に到達。Canalysのデータではシャオミのグローバルの出荷台数は全出荷台数の37%を占めるまでに成長している。

しかし、2013年に市場に参入した台湾では、現状で2%以下のシェアしか取れておらず、OPPO等の中国メーカーに大きく差をつけられている。東ヨーロッパでもシャオミは現地のキャリアと緊密なネットワークを持つ、中国のファーウェイに行く手を阻まれている。

また、米国ではセットトップボックスTV等のガジェットを販売しているが、スマートフォン市場には参入を果たせていない。グローバルで見るとシャオミの存在感は小さすぎるというのがアナリストらの見方だ。ほか、フィリピンでは苦戦し、ブラジル市場からも昨年、撤退している。また、インドやインドネシアにおいても他の中国メーカーらとの競争が激化し、今後の見通しはかなり厳しいと見られている。

しかし、シャオミのWangは強気の姿勢を崩さない。シャオミは今年7月、欧州や中東、アジア各地の銀行18行から合計10億ドルの協調融資を獲得し、約1000名のマーケティング部隊を増強した。

「資金面でも我が社は現在、非常に健全な状態にある。他のスマートフォンメーカーに無い、新たな試みで市場を拡大し、価格に見合う製品を世界の消費者らに届けていきたい」とWangは述べた。