2010年の発売以来、28万3000台以上を販売してきたという初代リーフ。しかし、度重なる値下げを敢行してきたことからも分かるように、日産の思惑どおりには売れなかった、というのもある程度認めるところのようです。

新型リーフの価格帯は3,150,360円〜3,990,600円で、航続可能距離を400km(JC08モード燃費)と延ばし、電極板の変更で30分充電時の航続可能距離を大幅に増加させるなど、使い勝手を高めています。

さらに、「e-Pedal」と呼ぶアクセルペダルだけで日常走行の9割をまかなう制御や、110kW/320Nmというというスペックによる力強い加速、欧州Dセグメントセダン並という高い静粛性も追求したとしています。

また、「プロパイロット」や「プロパイロット パーキング」など装備も大幅にアップデートされていて、冒頭で紹介した競争力のある価格設定がさらに際だって感じさせます。

ヒット作になりそうな新型リーフには、出力を向上させたモーターを搭載し、航続可能距離をさらに延ばしたハイパフォーマンスモデルも2018年発売予定と発表(ニスモになるのか分かりませんが、現時点では仕様名などは未定だそう)。「EV=力強い加速」という方程式をさらに引き上げた仕様を用意することで、ユーザーの裾野を広げる構えです。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】新型日産・リーフがワールドプレミア!航続距離は400kmで価格は3,150,360円〜
https://clicccar.com/2017/09/06/507682/

【新車】「未体験のすばやく力強い加速」を謳う新型日産リーフは鋭い加速も魅力!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507700/

【新車】新型リーフの「e-Pedal」は、ノートe-POWERの「ワンペダル」とどう違う?
https://clicccar.com/2017/09/06/507771/

【新車】新型リーフの「プロパイロット」「プロパイロット パーキング」も買いのポイントに!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507785/

【新車】新型リーフのサイズ、内・外装デザインはどう変わった?
https://clicccar.com/2017/09/06/507812/

【新車】新型日産リーフにはハイパワー仕様の隠し球もある!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507834/

【新車】「EVから普通のクルマ」になっているか? 新型リーフの車内の広さ、荷室の使い勝手をチェック!
https://clicccar.com/2017/09/07/508301/

【新車】新型日産リーフにはハイパワー仕様の隠し球もある!?(http://clicccar.com/2017/09/06/507834/)