日産ノートe-POWERには、慣れるとアクセルペダルだけで停止まで持っていける「ワンペダル」と呼ばれる制御が用意されていて、ブレーキペダルとの踏み換えを大きく減らすことが可能。好評ポイントのひとつになっています。

9月6日に世界初披露された新型リーフには「ワンペダル」をさらに進化させた「e-Pedal」が搭載されています。アクセルオフで自動的にブレーキが掛かるのが特徴で、回生ブレーキに加えて油圧ブレーキもブレンドして使われるのがキモ。

なお、ノートe-POWERはモーターによる回生、新型リーフはモーターとブレーキを併用することで、さらなる安定化が図られています。

これにより、アクセル操作だけで走れるシーンが増え、ノートe-POWER以上に渋滞時の踏み換えが減り、さらに滑りやすい坂道などでも安定した減速ができるそうです。

新型リーフにはそのものズバリ「e-Pedal」スイッチが付いていて、オンにすると通常の走行の約9割の減速をアクセル操作だけでカバーし、減速度はエンジンブレーキの約4倍(最大0.2G)に達するそう。なお、e-POWERはS/ECOモードオン時で0.15Gとなっていて、先述したように踏み換えの頻度を大きく減らすことができます。

日産の資料(テスト)によると、こうした機能がない場合を10割(ブレーキペダル踏み換え回数)とすると、新型リーフの「e-Pedal」をオンにするとなんと9割減(通勤時の公道評価)。ノートe-POWERも約7割減(市街地の公道評価/厚木→海老名)とかなり効果がありますが、アクセルペダルだけで運転できる範囲が格段に拡大しています。

毎朝、毎夕、ダラダラと続く渋滞や混雑にうんざりしているのなら新型リーフで運転の負荷を減らす手もアリかもしれません。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】新型日産・リーフがワールドプレミア!航続距離は400kmで価格は3,150,360円〜
https://clicccar.com/2017/09/06/507682/

【新車】「未体験のすばやく力強い加速」を謳う新型日産リーフは鋭い加速も魅力!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507700/

【新車】新型リーフの「e-Pedal」は、ノートe-POWERの「ワンペダル」とどう違う?
https://clicccar.com/2017/09/06/507771/

【新車】新型リーフの「プロパイロット」「プロパイロット パーキング」も買いのポイントに!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507785/

【新車】新型リーフのサイズ、内・外装デザインはどう変わった?
https://clicccar.com/2017/09/06/507812/

【新車】新型日産リーフにはハイパワー仕様の隠し球もある!?
https://clicccar.com/2017/09/06/507834/

【新車】新型リーフの「e-Pedal」は、ノートe-POWERの「ワンペダル」とどう違う?(http://clicccar.com/2017/09/06/507771/)