メインビジュアル

写真拡大

 ニューヨークを拠点に活動するイラストレーター マッツ・グスタフソンが、個展「NUDE」を恵比寿のMA2 Galleryで開催する。会期は11月17日から12月27日まで。
 マッツ・グスタフソンは、1951年スウェーデン生まれ。イタリア版「ヴォーグ(VOGUE)」編集長のフランカ・ソッツァーニ(Franca Sozzani)の良き理解を得て、その信頼関係から各国のヴォーグに作品が掲載された。また、ファッション界をリードしていたアートディレクターのファビアン・バロン(Fabien Baron)と共に全盛期の「ハーパーズ バザー(Harpers BAZAAR)」を牽引。ファッションデザイナーからも支持され、「エルメス(HERMÈS)」や「ティファニー(Tiffany)」「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」「コム デ ギャルソン(COMME des GARCONS)」といったブランドのビジュアルも数多く手掛けた。今年は「ディオール(Dior)」のために、プレタポルテのコレクションを再解釈した作品集「Dior by Mats Gustafson」を出版した。
 MA2 Galleryでは2012年以来2度目の開催となる今回の個展では、「NUDE」をテーマに新作を含む約20点の水彩画と線描画を展示。作品集も出版される予定で、代官山蔦屋書店では会期に合わせてサイン会やポスター展などを開催する。