日本では10月2日より販売を開始予定

 日産自動車は、9月6日に2代目となる新型リーフを初公開した。 同車の初代モデルは電気自動車(EV)の世界戦略車として2010年より国内発売開始。価格改訂や30kWhバッテリー搭載モデルの追加など細かいブラッシュアップを継続的に行ってきた。

 その結果、2016年には世界累計20万台を達成。こと日本においてはEVの普及、促進の立役者といえるモデルである。2代目は果たしてどのような進化を遂げているのだろうか?

新型のボディサイズは、全長4480mm×全幅1790mm×全高1540mm。ホイールベースは2700mm。旧型と比べ全長が35mm伸び、全幅は20mm、全高は10mmアップした(ホイールベースはそのまま)。エクステリアデザインのポイントはグリルレスだったフロントフェイスにグリル状のデザインができたこと。これは日産のデザインアイデンティティ「Vモーション」であり、担当デザイナーいわく「かっこいいフロントフェイスにしたかった」とのことだ。

 インテリアは、7インチフルカラーディスプレイを装備したほか、日産EVらしいブルーのステッチを随所にあしらった点が特徴だ。ナビゲーションシステムは「Apple CarPlay」と「Android Auto」 が追加搭載されている。

 ここからは新型のポイントを的を絞ってリポートしていこう。新型のポイントは4つある。ひとつは「新開発パワートレインの採用」だ。

 新型は40kWhリチウムイオンバッテリーを搭載し、400km(JC08モード)の航続距離を達成。モーターも出力がアップしており、最高出力110kW/最大トルク320N・mを発揮する。初代の109kW/254N・mと比較して、トルクアップが著しい。

日常使用の9割をアクセルペダル操作だけで走行可能

 2つ目は運転支援技術「プロパイロット」の採用だ。高速道路の単一車線において設定速度の範囲内でアクセル、ブレーキ、ステアリングを制御してくれる。現行セレナ登場時に初めて搭載され、順次拡大採用されている機構だ。

 同時に「プロパイロットパーキング」と呼ばれる、駐車アシスト機構も搭載された。駐車開始から完了まで、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御してくれる。車両周囲を、デジタルAVM(アラウンドビューモニター)と高性能ソナーを認識している。

 3つ目は「e-Pedal」。これまでノートe -POWERもアクセル操作のみで加減速できる「ワンぺダルドライブ」を実現していた。だが新型リーフは一歩進んでモーターとブレーキを併用している点が新しい。アクセルオフで自動的にブレーキがかかり、さらに停止を保持するという新機能が追加されているのだ。日産いわく、日常のおよそ9割の減速をアクセル操作だけでカバーできるという。

 最後は「プレミアムクラス並みの静粛性の実現」。室内への音の進入経路となる隙間を徹底的に排除し、吸遮音材の構造の最適化で「高遮音車体」を実現しているという。日産によるとプレミアムクラス並の静粛性を達成したのことで、100km/h時の遮音レベルは欧州プレミアムブランド並だという。

 また、さらに出力を向上させたモーターを搭載し、航続距離を伸ばしたハイパフォーマンスモデルを2018年に発売予定だという。こちらも一刻も早い市場投入を期待したい。

 ちなみに今回の新型リーフは追浜工場、アメリカ・スマーナ工場、イギリス・サンダーランド工場で生産される模様。日本では10月2日より販売を開始予定だ。

【画像ギャラリー】