トルコ中部アナトリア地方の観光名所カッパドキア上空を舞う熱気球(2017年9月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】トルコ中部アナトリア(Anatolian)地方にある観光名所カッパドキア(Cappadocia)で5日、幻想的な奇岩群の上空を観光客らを乗せた熱気球が舞った。

 熱気球は午前中から飛行。気温28度を超え、強風が吹くと飛ぶことができないからだ。

 カッパドキアは世界有数の観光地で、1985年に国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(World Heritage Site)に登録された。
【翻訳編集】AFPBB News