ブラジル代表として活躍するパウリーニョ

写真拡大

ブラジル出身のレジェンド、ペレはFCバルセロナに新加入したパウリーニョについて初めて口を開いた。
『Marca』のインタビューを『Four Four Two』が編集したもので、ペレはブラジル代表MFのクオリティを賞賛した。

「バルセロナはいくつかの変化に苦しんだが、私はパウリーニョが強靭さと人間性で多くの人を驚かすと確信している。」
ペレは説明した。「彼が中国にプレーしに移籍した時、彼はドイツやイタリアからオファーを受けていた。。。しかし、彼は中国へ渡った。なぜなら今の時代は代理人が選手のプレーすべき場所を決め、選手を売るのは代理人だ。ファンは、パウリーニョが中国にいたから、あまり良い選手だと思わないかもしれないが、彼は選択肢がなくそこにいたんだ。私の場合とは違う、私はブラジルに残ることを選ぶことができて、そう決断したんだ。」

ネイマールとネイマールの移籍については、ペレは「私は良い移籍だったと思う。ネイマールはバルサでメッシとの勝負があった。良い可能性であり、移籍を必要としてた。彼は今、何ができるか表現することができる。しかし、責任は危険でもある。」