イタリア製ブラックレザーと文字盤で上質な大人の品格を身に付ける

写真拡大 (全4枚)

1919年にイタリアで設立されたウォッチブランド、ジョルジオフェドン1919。同ブランドの中でもクラシックなデザインと上質な本皮ベルトで人気の高い「ヴィンテージ8」の新色が発売されました。

今回発売された「ヴィンテージ8」の新色はブラック×ブラック。文字盤とベルトをブラックで統一し、ケースやアワーマーク、針をゴールドにまとめたことで、洗練されたクールなデザインに仕上がっています。

もちろんベルトに使用されたレザーはイタリア製。上質なイタリアレザーは、腕にしっくり馴染みます。文字盤の光沢あるブラックも、ラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

クラシカルでシンプルながら、洗練された素材やデザインは、オトナにふさわしい逸品です。プレゼントにも、ペアでつけるのもオススメな「ヴィンテージ8」の価格は1万7800円です。

>> 腕時計本舗「ジョルジオフェドン1919 ヴィンテージ8」

 

(文/&GP編集部)