オンラインゲームで「糖尿病」が改善(depositphotos.com)

写真拡大

  米ハーバード大学と米退役軍人省ボストン・ヘルスケアシステムのB. Price Kerfoot氏らの研究チームは、「2型糖尿病患者」が「糖尿病の自己管理について学習できるチーム対抗のオンラインゲーム」に参加すると、血糖コントロール値が長期にわたり改善する事実を確認し、『Diabetes Care』8月8日オンライン版に発表した。

 発表によれば、研究グループは、経口血糖降下薬を服用しているにもかかわらず、ヘモグロビンA1c (HbA1c)値が7.5%(58mmol/mol;NGSP値)以上の2型糖尿病患者456人を対象に、患者の半数を患者教育用のオンラインゲーム参加群に、残りの半数を一般的な教育ゲーム参加群(対照群)にランダムに割り付けて6カ月間続けてもらった。

 患者教育用のオンラインゲーム参加群は、血糖管理、運動、長期的な合併症、薬物療法などに関する問題をメールや携帯アプリで週に2回、2問ずつ受け取った。患者は、問題に解答すると、正解と解説を確認でき、正解ならチームにポイントが与えられ、個人戦にも参加できる。

 ゲーム開始時、6カ月後、12カ月後のHbA1c値を測定したところ、患者教育用のオンラインゲーム参加群のHbA1c値は、ゲーム開始時から12カ月後に0.74%(8mmol/mol)低下したが、対照群では0.44%(5mmol/mol)の低下にとどまった。特にHbA1c値が9.0%(75mmol/mol)を超える患者群のHbA1c値が最も低下した。

 論文筆頭著者のKerfoot氏は「自己管理教育用のオンラインゲームに少しの時間を費やすだけで、2型糖尿病患者の健康に大きな影響を与える可能性がある。新たに薬物療法を開始した場合と同程度のHbA1c値の低下が認められたからだ」と説明する。ただ、研究開始から1年後の血糖値は目標値に届いていないものの、オンラインゲームをさらに続ければ、臨床的に意義のある血糖値の改善につながる可能性が強いという。

 研究を指導した米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院内科副部長のPaul Conlin氏は、オンラインゲームは学習に役立つだけでなく、参加した患者はゲームの時間を楽しみ、約9割が今後も続けたいと希望していた。この新たな認知行動療法(cognitive behavior therapy:CBT)のアプローチは、糖尿病以外の慢性疾患にも応用できるだろう」とコメントしている。

認知行動療法が糖尿病患者のうつ症状を改善!

 このような認知行動療法が、糖尿病患者の「うつ症状」を改善したとする研究がある。

 糖尿病に特化した自己管理指向の認知行動療法プログラム「DIAMOS(Diabetes Motivation Strengthening)」の開発に携わったノルベルト・ヘルマンズ氏、アンドレアス・シュミット氏らの糖尿病の研究チームは、DIAMOSによって糖尿病患者に最も頻繁に見られ、長期の予後不良を示すうつ症状が改善されたとする論文を『Diabetes Care』オンライン版に発表した。

 発表によると、研究チームは214名の参加者(平均年齢30〜56歳、女性56.5%、2型糖尿病患者34.1%、HbA1cレベル8.9±1.8%、BMI28.7±71kg / m2)を、糖尿病教育を受ける「DIAMOS群」と「能動的コントロール群(CG)」にランダムに分けて調べた。

 12ヵ月間のフォローアップの結果、DIAMOS群のうつ症状(うつ病尺度スコア)が能動的コントロール群(CG)より有意に高かった。だが、DIAMOS群の糖尿病の苦痛と受容、セルフケア行動、治療の満足度、HbA1c値、潜在的な合併症などに対しては、有意な治療効果を示した。さらに、DIAMOS群のうつ病の発症リスクは有意に減少した。

 つまり、DIAMOSは、「無症候性うつ病」を伴う糖尿病患者のうつ症状と、糖尿病に関連する苦痛を低減させ、うつ病の発生を予防する効果が高い事実を実証したことになる。

 さまざまな生活習慣病のなかでも、特に2型糖尿病は、患者本人のセルフケア行動が鍵になる。しかも、 セルフケア行動を継続的に実行しなければ、実効は望めない。したがって、患者にセルフケア行動の必要性を説明するだけでは十分ではないため、生活習慣を変容するための専門的介入法としての認知行動療法が重要になるのだ。

 冒頭の2型糖尿病患者の血糖コントロール値の改善も、DIAMOSによるうつ病の改善も、認知行動療法の大きな成果であるのは明らかだ。食事療法、運動療法、薬物療法とともに、認知行動療法、動機づけ面接(MI)、マインドフルネス(心のエクササイズ)などの心理療法研究の進展に大いに期待しよう。
(文=編集部)