昌子源【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 0-1 サウジアラビア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は現地時間5日、ロシアW杯アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦し0-1で敗れた。

 試合後すぐに失点シーンを見返したという昌子源は、「本当にあの1シーンくらいだったと思う」と一瞬の隙から失点を喫したことを悔やんだ。

 この場面についてはヴァイッド・ハリルホジッチ監督の見解も聞いたという。「それはちょっと言えないですけど」と内容は明かさなかったが、すでにディスカッションは行われたようだ。

 スタジアムには6万人以上の観客が詰めかけた。「こんなにドアウェーでやることは本当になかったと思う」と昌子。広州恒大の本拠地で激突したACLの試合が自身にとって“最大のアウェイ”だったようだが、「広州恒大も比にならないくらいの迫力があった。このスタジアムで体験してみないとわからないこと」と述べた。

 日本のゴールネットを揺らしたファハドについては、試合途中から出場してくると予想していた。

「かなりスピードがあって裏に来るっていうのは聞いていたんですけど、裏っていうより下がってゼロトップのような形になっていたので、非常に捕まえるのが難しかった」

 昌子の言うように大きなピンチはあの失点以外はほぼなかった。しかし、この試合もそうだが、世界相手にはひとつの失点が敗北に直結する。昌子もそのことを理解している。

「ロシアに行ってもってもああいう一瞬の隙でやられてしまう。もう終わってしまったというか、(今回)負けてしまったのは巻き戻せない。10月頭と11月頭と、東アジアカップはJリーグ組だけで行くっていうのは聞いているので、特に10月初め、11月初めでそういうことが一瞬もないように。この課題っていうのは次に繋げないと本当に意味がないと思いますし、それをしっかり代表としてやっていかないといけない」

 サウジアラビア戦で教訓を得た昌子は鹿島アントラーズに戻り、自身を磨いていくつもりだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部