「黒革の手帖」で元子(武井咲)のライバル・波子を演じる仲里依紗/(C)テレビ朝日

写真拡大

残すところあと2話の放送となった、武井咲主演ドラマ「黒革の手帖」(毎週木曜夜9.00-9.54テレビ朝日系)。9月7日(木)に放送される第7話でいよいよ最終章へ突入する。

【写真を見る】第2話で元子に誘われ、夜の銀座へ足を踏み入れたばかりの波子は初々しかったのだが…/(C)テレビ朝日

同ドラマは、武井演じる元子が“黒革の手帖”を盾に、夜の銀座で頂点に上り詰めようとする姿を描く。女同士の激しいバトルも見どころとなっている本作で、かつては元子の同僚だったが、現在では元子を脅かす存在となってきた波子を仲里依紗が熱演。

「あなたのことはそれほど」(2017年、TBS系)で、同級生と不倫する夫を精神的に追い詰めていく妻を好演した仲は、本作では地味な派遣行員からの豹変ぶりも世間をにぎわせている。

自身の役どころについて仲は、「波子は自意識過剰ぶりがすごくて、お金を手にした途端に無敵モードになっちゃって(笑)。今だったら、SNSで拡散するというような落とし込み方をしそうなのに、直接元子に立ち向かうところが(逆に)すごく新鮮だし大胆で、演じていても面白いです」とやりがいを感じているよう。

また、武井が見せるあでやかな着物姿なども話題だが、仲が着ているドレスやワンピースも魅力的だ。これまでに着てきた衣装について聞いてみると、「最初の頃はまだ落ち着いていましたが、これから大人っぽくなって、色使いも落ち着いていくと思います。個人的には、服には色があった方が好きなんですが、今後は大人っぽい波子ちゃんが出てくると思うので、ぜひ楽しみにしていてほしいです」と語り、波子の衣装の変化にも期待ができそうだ。

波子は、第2話での元子と激しいバトルシーンをはじめ、何かと元子とやり合うが、「元子は常に冷静で動じないのに、波子は大暴れしていますよね(笑)。咲ちゃんからは、すごみを感じます」とキャラクターの違いを分析しつつ、「今では村井(滝藤賢一)さんが味方になってくれたので、波子はきっともっと調子に乗っちゃうと思いますよ」と波子の今後を予測する。

第2話での高畑淳子演じる市子との取っ組み合いのシーンも衝撃的だったが、「高畑さんに圧倒されてしまいそうになりながら、負けないように頑張って演じました」と、本気でぶつかり合ったようだ。そして、二人を止めるために楢林(奥田瑛二)が思わず市子に手を上げていたが、「波子になりきっていたので、『たたいたんだけど〜』って笑っちゃう自分がいました。本当に、ひどいやつです(笑)」と苦笑いする。

主人公・元子は自らの野望のために手段を選ばず突き進むが、仲に今の野望を聞いてみると、「物が少ない人間になりたいです。いつも荷物が多いので、家出少女みたいな荷物で現場に来ちゃうんです(笑)」という答えが返ってきた。

旅行に行く際も、「お土産が入らないから、毎回安いトランクを買った上に重量オーバーでお金を払って…。だから、身軽な女になりたいです」と荷物が大量になってしまうそう。

その原因については自覚があるようで、「完璧主義なんだと思います。お休みの日でもきっちり朝からスケジュールを入れないと気が済まないくらい」と明かし、移動時間も計算してスケジュールを組み立てていると教えてくれた。

そして、本作ではうそや駆け引きも重要なポイントとなっているが、「もちろんうそはつかない方がいいんですけど、どうしても子育てしているとお芝居しなきゃいけないときがありますよね」と明かし、「子どもと話していると、『今アリさんはこんな気持ちだと思うよ?』とか、どんどん言葉が出てくるんです。だから、かわいい駆け引きは上手だと思います」と子どもとの駆け引きには自信があるようだ。

ラストへ向けて仲は、「今まで散々暴れてきた波子ですが、最後にもひと暴れすると思うので、お楽しみに!」と笑顔で語った。

■ 第7話(9月7日[木]放送)あらすじ

長谷川庄治(伊東四朗)と約束した期日に契約金の残金を支払えなかったことで、『ルダン』を手に入れることはおろか、『カルネ』までも差し押さえられてしまった原口元子(武井咲)。長谷川は『カルネ』の新しい支配人として村井亨(滝藤賢一)を、そして新しいママとして山田波子(仲里依紗)を送り込み、いつのまにか黒革の手帖も奪われてしまった元子は文字通り、すべてを失ってしまう。

困った元子は『燭台』のママ・岩村叡子(真矢ミキ)を訪ね、相談に乗ってもらおうとするが、元子がしでかしたことをすでに知っていた叡子は「ルールを破った女に居場所はない。あなたの出番はもう終わったの」と冷たく言い放つ。叡子にまで見放された元子は途方に暮れ…?

刻一刻と迫る『カルネ』の立ち退き期限。どうにか事態を打開したい元子は、安島富夫(江口洋介)を頼り、弁護士を紹介してもらう。

契約の無効を訴える裁判への協力を承諾してくれたものの…!?

そんな中、元子の身に思いもかけない出来事が! 絶体絶命に追い込まれた元子が選択する道は…?