トリビュートアルバム「T.Rex Tribute 〜 Sitting Next To You 〜 Presented by Rama Amoeba」

写真拡大

英国のグラムロックバンド「T.Rex」のヴォーカル&ギター、マーク・ボランがこの世を去って40年。彼の命日にあたる9月16日を前に、T.Rexをリスペクトしてやまない超豪華アーティストが世代を超えて集結したトリビュートアルバム「T.Rex Tribute 〜 Sitting Next To You 〜 Presented by Rama Amoeba」を、ビクターエンタテイメントが2017年9月13日に発売する。

「T.Rex」の熱狂的ファンで、マーク・ボランフリークのアキマツネオ(元マルコシアス・バンプ、現Rama Amoeba)をはじめ、OKAMOTO'SのオカモトショウやCiao Bella Cinquettiの橋本愛奈らが参加。演奏や音質にこだわり、T.Rexの魂を現代に甦らせた。

マーク・ボランの魂が甦る「T.Rex」トリビュートアルバム

しょっぱなは、イントロが鳴っただけでボルテージが上がる、グラムロックのクラシック「Get It On」(1971年発表)。80年代にはロバート・パーマーやデュラン・デュランが参加したパワーステーションがカバーして大ヒットするなど、これまでにさまざまなアーティストが手がけてきた1曲を、THE BAWDIESのリーダー、ROYがソウルフルにシャウトする。

映画「20世紀少年」のテーマ曲として知られる「20th Century Boy」を熱唱したのは、9mm Parabellum Bulletのヴォーカル&ギターの菅原卓郎。彼にシビレたあと、さらにNHKの朝ドラ「ひよっこ」に出演中のロック・シンガー、シシド・カフカが伸びやかなハスキーボイスで聴かせる「Metal Guru」に惹きつけられる。

T.Rexにとっては、72年に4枚目の全英チャート第1位を記録した曲を、気だるい感じで、でも妖艶に女性らしく歌う。

圧巻は、マーク・ボラン&デヴィッド・ボウイのデュエット・セッション「Sitting Next To You」を、アキマツネオ&吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)が「共演」。この曲は、収録直後にマーク・ボランが交通事故で他界した「最後の曲」で、今回のトリビュートアルバムでは、アキマツネオが放送素材やデモ音源などから解析して完成させた。その彼が「アルバムをつくろうと思ったモチベーションになった」と語る1曲だ。

いまだに熱狂的なファンが少なくないT.Rexだが、故マーク・ボランに捧げる1枚にふさわしい仕上がりであることは間違いない。必聴!!

2778円(税別)。

視聴はこちらから。