4日、韓国・JTBCは、北朝鮮が3日強行した6回目の核実験で、新たな方式による攻撃の可能性も示唆したと伝えた。写真は北朝鮮。

写真拡大

2017年9月4日、韓国・JTBCは、北朝鮮が3日強行した6回目の核実験で、新たな方式による攻撃の可能性も示唆したと伝えた。北朝鮮は、核弾頭を地上ではなく空中で爆発させることによって高強度電磁パルス(EMP)を放出させ、韓国軍のレーダーや通信網などを無力化できると主張したのだ。

【その他の写真】

韓国の専門家はこの脅威について、ソウルの上空30キロでEMP弾が爆発した場合にはソウルと近郊の京畿道(キョンギド)全域のネットワークがシャットダウンすると説明している。また上空100キロでの爆発であれば強度は弱まるものの、韓国のほぼ全域に被害が及び、ネットワークを利用した反撃に支障が生じるという。

核爆弾をEMP弾として用いる場合、望む高度で爆発させるだけでよいため、大気圏再突入の技術も必要ないという。

JTBCによると、これに対する韓国軍の備えは非常に不足しており、最近できた合同参謀本部庁舎と、有事の際に大統領が戦争を指揮する南泰嶺(ナムテリョン)バンカー、鶏龍台(ケリョンデ)など一部地域にのみEMP防護施設が設置されている状態だ。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「今まで多くの予算を使っておいて韓国軍はいったい何をしていたんだ?」「脅威を感じる暇があるなら備えをしてくれ」「IT強国を自称していた大韓民国は今まで何をしていた?」「国防不正で予算を無駄にしたからだ」など、軍と政府に対する厳しい意見が多数寄せられている。

また、「韓国も原子力潜水艦と核を配備して対抗するしかない」「核には核を」など、好戦的な意見も。

その他、「米国が後ろにいなかったら、韓国はすでに数十年前に赤化統一されていただろう」「北朝鮮は失うものが少ない。韓国とは状況が違う」「北朝鮮は毎日昼夜を問わず核弾頭を作っているのだろうか」などのコメントもあった。(翻訳・編集/三田)