オーストラリア代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 6日に2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われ、オーストラリア代表はタイ代表に2-1の勝利をおさめ暫定2位に浮上した。しかし、1-0でサウジアラビア代表が日本代表に勝利したためオーストラリアの最終順位は3位に。シリア代表とのプレーオフに進出することになった。5日にオーストラリア紙『ヘラルド・サン』が報じている。

 同紙はタイトルに「オーストラリア代表のロシアへの道のりはかなり厳しいものになった」とのタイトルをつけ、日本代表の試合内容を伝えている。オーストラリアは2006年W杯に出て以降、4大会ぶりにW杯出場を逃す可能性が出てきた。

 10月に行われる予定のプレーオフでは、グループAで3位に滑り込んだシリアと対戦する。その後、11月に北中米カリブ海地域の5次予選で4位に入った国と大陸間プレーオフを戦い、最後のチャンスにかける。

text by 編集部