諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

写真拡大

 マツコ・デラックスが初めてNHKで番組司会をしたことでも話題を集めたNHKスペシャル『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン』は大きな反響を集めた。そのなかでAIが取り上げた提言のひとつ、「健康になりたければ病院を減らせ」について、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が真贋を解説する。

 * * *
 7月22日放送のNHKスペシャル『AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン』は、実におもしろい番組だった。

 AIが、700万を超えるデータをパターン認識という方法で解析し、ある結論をはじき出す。AIはブラックボックスだから、どんなロジックでその結論を導きだしたのかはわからない。

 AIが出した提言の一つに「健康になりたければ病院を減らせ」というのがあった。正確には、病院ではなく、病床数が減ると地域は健康になるといいたかったようだ。その例として、夕張市が紹介された。

 夕張市はかつて171床の病院があったが、財政破綻によって、19床の診療所だけになった。これによってがんの死亡率は低下し、脳卒中も低下し、平均寿命も延びた。高齢者一人当たりの年間医療費は81.1万円から76.9万円に減った。これらのデータだけを見て、「病院や病床数を減らせば、みんなが健康になる」と早合点してはいけない。

 ぼくは、夕張市が財政破綻した2007年、夕張市で医療を立て直そうとしていた村上智彦医師と出会った。彼は、北海道瀬棚町(現せたな町)の日本一高かった老人医療費を、一人当たり70万円台にまで減らした実績をもっている。

「炭鉱の町だった夕張市は、観光に脱皮しようとして破産した。もっと早く健康の町づくりをしていればよかったんですよ」

 タンコウ、カンコウ、ケンコウと繰り返す村上医師の言葉はとても印象的だった。村上医師は今年、白血病で亡くなった。

 NHKのAIが「健康になりたければ病院を減らせ」と提言した背景には、村上医師をはじめ数人の志のある医師たちが、病床数が少なくなっても医療の質を落とさないように、在宅医療や健康づくりの意識を広めていた事実がある。そのことを知らなければ、AIの提言は一人歩きし、フェイクのように都合よく利用されていく。

 ぼくたちは氾濫する情報を無防備に浴びすぎている。事実をどう解釈するか。事実の裏側にあるものは何か。自分にとって都合のいい事実ばかり鵜呑みにしていると、いつまでたっても内向きの世界から出られない。

 内向きに閉ざされた世界は、さまざまなフェイクを生み出す温床となり、事実を改ざんしていく。その世界でうまくやろうとする忖度バカも発生する。そして、その先には、権力が管理統制する自由のないディストピアが口を開けて待っているのである。小説ではないから、こわい。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。近著に、『検査なんか嫌いだ』『カマタノコトバ』。

※週刊ポスト2017年9月15日号