1日キープ! 裏編み込みで作る「ダッチブレイド」をマスター

写真拡大 (全10枚)

髪の毛をスッキリまとめるのに便利な編み込み。でも、普通に編み込んじゃうと昭和のおさげみたいになって、少し古臭いかも……。

そんな時にオススメなのが、ダッチブレイドヘア。ヘアゴム1 つあればできちゃうし、立体的なヘアアレンジのおかげでバックスタイルがばっちり決まっちゃいます♪

今回は、原宿の美容室「ANGEL.GAFF(エンジェルギャフ)」のスタイリスト・山口美月さんのところへ行ってきました♪

■ベースは巻いておこう



まずは、細めのコテ(26〜32mm)で髪全体を巻きます。大切なのは、毛先だけではなく根元から巻くこと。下準備の手を抜かないかどうかで、完成した時の抜け感が変わってきます。全体を巻いたら、ゆるめのヘアワックスを全体になじませます。根元からしっかり付けてくださいね。

■ポイントは裏編み込み!



オールバックを意識して、髪の毛を全体的に後ろに流します。編み込みは、耳の上の毛束をまとめたところからスタート。編み込んでいるうちにゆるくなって下がってきてしまうので、「高すぎかも?」と思うくらいの位置から始めるくらいでOKです。


今回のポイントは裏編み込み。髪の毛は頭側の方に入れ込んで編んでいきましょう。最初はむずかしいかもしれませんが、慣れると簡単です♪

いきなり編み込み始めてしまうと型崩れしやすくなるので、最初の3回くらいは編み込みではなく、裏三つ編みにすると安定感がアップ!


編んでいる部分の真横の髪を引っ張ってくるイメージですると、中心に網目が集まってくるようになるのでキレイに仕上がります。


全部の髪を編み込み終えたら、残った部分は裏三つ編み。毛先まで編んでいきましょう♪


末端まで編んだら、ゴムでまとめます。毛先はU字にゴムの織り込んで、わっかになるように仕上げるとくるんとなってかわいいですよ。


最後の仕上げにバランスを見て崩していきます。毛先ではなく根元からつまみあげるようにすると、こなれ感がある雰囲気に仕上がります。

■立体感がポイント



全体的にゆるませたら、耳上の毛を少しぬいて垂らすとよりエレガントな印象に♪


むずかしそうに見える裏編み込みも、練習を重ねると簡単にできるようになります。ぜひ取得して毎日のヘアアレンジの1つに加えてみてくださいね♪

(坂井 彩花+ノオト)

<取材協力>@mizukiyamaguchi(Instagram)