スペイン代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間5日に2018年ロシアW杯欧州予選の試合が行われ、スペイン代表はリヒテンシュタイン代表と対戦。セルヒオ・ラモスなどが得点を積み重ね、スペインが8-0の勝利をおさめている。

 一つ前の試合でイタリア代表を相手に3-0の完封勝利をおさめたスペイン。勢いそのままに、この日はゴールラッシュとなった。試合開始して3分にラモスのゴールで先制すると、15分にはアルバロ・モラタが追加点を決める。直後の16分にはイスコがチーム3点目を決めた。

 39分にはダビド・シルバ、51分には30歳のイアゴ・アスパスが追加点。54分に再びモラタが得点すると、63分にはアスパスがゴールを決めている。89分にも駄目押しの8点目が入り、結局スペインは8-0の勝利をおさめた。他会場で行われた試合でイタリアもイスラエル代表に勝利したため、スペインのW杯出場決定は次節以降となった。

text by 編集部