韓国代表監督、国内メディアで渦巻く辛辣批判に反論 「ロシアで真の姿を見せる」

写真拡大

W杯出場決定も、シン・テヨン監督就任以降は2試合連続無得点

 韓国代表が9大会連続のワールドカップ(W杯)出場をギリギリで決めた。

 ロシアW杯アジア最終予選グループA最終戦、敵地ウズベキスタン戦で韓国はスコアレスドローで切り抜け、グループ2位を維持して本大会出場が確定。8月31日の本拠地イラン戦から指揮を執るシン・テヨン監督は2試合連続無得点に国内メディアで辛辣な批判も渦巻くなか、「ロシアで真の姿を見せる」と反論している。地元紙「スポーツ朝鮮」が報じた。

 負ければ本大会出場失敗の可能性もあった崖っぷちの一戦。韓国メディアが「ギロチンマッチ」と危機感を煽ったウズベキスタン戦で本大会出場権をつかみ取った。

 だが、指揮官に喜ぶ様子は見られない。「ウズベキスタンに勝利するために来た。このドローに残念に思っている。だが、W杯出場をサポートしてくれた人々に感謝している。応援の力で本大会に出場できた」

 シン・テヨン監督はこう語ったという。W杯出場決定も、就任2試合連続のスコアレスドローに韓国メディアでは厳しい声が上がっている。

「私は攻撃サッカーが好きだ。監督就任後、まだ間もない。DFの組織を整備して攻撃もできるようにしたい。望むサッカーはできたが、ゴールがないのは時間が足りなかったから。ロシア・ワールドカップで韓国サッカーの真の強さを見せることができると思う」

 指揮官は国内でくすぶる代表批判にこう反論していた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images