怪我のクライン、来年までムリ…クロップ監督が認める

写真拡大

イングランド・プレミアリーグのリヴァプールは、「DFナサニエル・クラインが長期の離脱となる」と公式発表した。

昨季のプレミアリーグで37試合にフル出場するなど、ユルゲン・クロップ体制のリヴァプールで中心的な役割を果たしてきたクライン。

しかし7月12日に行われたトランメア・ローヴァーズとのプレシーズンマッチで負傷したことで離脱を余儀なくされ、まだプレーできていない。

ユルゲン・クロップ監督は彼の状況について以下のように話し、かなり長い時間が必要になると認めた。

ユルゲン・クロップ

「ナサニエルはリハビリを頑張っている。彼の進歩には注目し続けているよ。

しかし、現実的に言えば、彼が戻ってくるにはまだ時間がかかると思っている。数週間では済まないだろう。我々は今後も注視し、評価していく。

確実に言えるのは、彼はチャンピオンズリーグのグループステージにはほぼ出られないということだ。

幸運に恵まれれば、来年になってからUEFAの大会に登録することが出来るだろうね。メディカルのスタッフは、ナサニエルが見せている力強い態度に満足しているよ。

前向きなものと言えば、ジョー・ゴメズとトレント・アレクサンダー=アーノルドが成長していて、チャンスを手にできることだね」